閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

箕郷梅林の梅の見ごろはいつ?見どころは?イベントは?

   

群馬県高崎市の箕郷梅林(みさとばいりん)は、東関東随一の規模で梅の花を楽しめるスポットです。

箕郷梅林の梅情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

箕郷梅林の梅の見ごろはいつ?

箕郷梅林は、東日本一の梅の産地である高崎市の公園です。

榛名山の南麓に位置し、関東平野を一望する、標高140~390mの丘陵に梅林が広がっています。

約300万平方mの広さに、約10万本の梅が植えられており、その規模は東日本随一です。

箕郷梅林の梅の樹齢は、10年から30年であり、生産に最適なものが多いため、全国有数の梅の生産地となっています。

梅の本数は280本で、主な種類は、白梅、紅梅です。

梅の花の例年の見ごろは2月下旬から3月下旬です。

箕郷梅林の梅の見どころは?

箕郷梅林は、同じく高崎市にある榛名梅林と安中市の秋間梅林とあわせて、「群馬三大梅林」と呼ばれています。

箕郷梅林の梅の中には、樹齢100年以上の古木もあって、枝ぶりはみごとです。

梅栽培の歴史の長さを物語る、梅林です。

misatobairin-l

スポンサードリンク

開花時期には、あたり一面をまるで雲海のごとく純白の梅花が埋めつくします。

梅の花は時期が長く、一部の小梅等は、2月下旬から咲き始めて、3月末まで楽しむことができます。

会場は2か所あり、善地会場では、様々な散策路と見渡す限りの眺望を楽しむことができます。

蟹沢会場では、梅公園や茶店、特産品を扱う土産物屋が軒を連ねます。

善地広場には見晴台があり、そこからの眺望は360°の大パノラマです。

箕郷梅林の梅のイベントは?/h3>

箕郷梅林の梅のイベントとしては、みさと梅まつりが開催されます。

期間は、2016年3月1日(火)から下旬にかけてです。

この期間には、弁当やお酒の持込みも可能です。

梅まつりでは、梅見茶会などの各種イベントが行われ、地元特産物などの売店も出ます。

2016年3月6日・13日(予定)には、梅ジュース、梅の切枝のプレゼントもあります。

まとめ

群馬三大梅林のひとつである、箕郷梅林は、なんといってもそのスケールが見どころです。

高崎市が誇る歴史ある梅林に咲く梅の花を、楽しんでください。

スポンサードリンク

 - 観光