閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

ふるさと納税の寄附はいつやるべき?使い道は?特産品は?

   

スポンサードリンク

去年は忙しくて、ふるさと納税をすることができなかった。

今年こそは、ふるさと納税をしてみようと思っている方に、役立つ情報をお届けします。

スポンサードリンク

ふるさと納税の寄附はいつやるべき?

ふるさと納税の寄附は、いつ行うのがよいのでしょうか。

1年に何件も寄附を行いたい場合には、それなりの出費を伴うものでもあります。

そこで、3か月に一度、6か月に一度、多い方なら毎月というように、寄附を数回に分けて行うと、上手に出費を管理することができます。

また、実際に寄付を行う際には、ふるさと納税のサイトなどでお礼の特産品を見て、寄附を行う自治体を選ぶ方も多いと思います。

お礼の特産品には、野菜や果物、魚貝類など、季節性があって、一定の時期のみ受け取ることができるものが多くあります。

また、人気があったり、生産量が少なかったりで、数が限られている、希少性があるものもあります。

そこで、おすすめは、1年の初めに、自分の寄附したい自治体のお礼の品をひと通り見ておいて、自分のほしい特産品がいつ利用可能になるかを知っておくことです。

年末が近づいて、一度に何件も寄附しようとすると、自分のほしい特産品がそもそも利用できなかったり、季節限定だったりすることもあります。

季節によって、お礼の特産品を選んでいけば、寄附も楽しく行うことができます。

ふるさと納税の寄附の使い道は?

ふるさと納税の寄附の使い道は、ほとんどの自治体で選べるようになっています。

例えば、震災復興、環境保護、教育振興、子育て支援など、様々な使い道が用意されています。

さらに、震災復興をとっても、その具体的な使い道を選べる自治体が多いのも特徴です。

自分で使い道を選べる寄附というのは、数少ないですから、ふるさと納税は貴重な手段です。

ふるさと納税の寄附の特産品は?

ふるさと納税の寄附のお礼の特産品は、その種類も内容も様々ですが、送り先を指定できる自治体も多くあります。

つまり、寄附をした人の住所と違う宛先に送ることもできるので、お中元やお歳暮に利用することもできます。

ふるさと納税は寄附なのだから、お礼の特産品目当てで寄附をすることの是非を問う声もあります。

しかし、自治体にとっては、ふるさと納税の制度を利用することにより、その地域の産業や企業をアピールできる、絶好のマーケティングツールでもあります。

この制度がある限り、お互いに魅力を知り合うよい機会であることはまちがいありません。

まとめ

ふるさと納税は、都市に集中しがちな税を地方に再配分する効果とともに、地方の魅力を知るよい機会でもあります。

寄附の使い道を選んだり、お礼の特産品を選びながら、楽しく制度を利用してみたいものです。

ふるさと納税の確定申告で、所得税還付・住民税控除が行われる仕組みについてはこちら!

スポンサードリンク

 - 税金