閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

井の頭恩賜公園の桜の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

   

井の頭恩賜公園は、三鷹・吉祥寺エリアにあります。

雑木林や井の頭池をはじめとする自然との調和が図られています。

ここでは、武蔵野の風景の保全が図られています。

井の頭池を中心とするエリアから広がっています。

桜の季節は最もにぎわう季節です。

井の頭恩賜公園の桜の情報をまとめてみましょう。

井の頭恩賜公園の桜の見ごろ?

井の頭恩賜公園には、公園全体で約500本の桜があります。

特に、井の頭池周辺に、約250本の桜が雄大に枝を広げている風景は、圧巻です。

最も人気のある花見スポットは、井の頭池にある七井橋から眺める桜です。

ここでは、満開の桜が池にせり出して咲いており、水面にひらひらと舞い落ちる花吹雪もなかなかの風景です。

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬にかけてです。

主なさくらの種類は、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどです。

井の頭恩賜公園の桜の見どころ?

井の頭恩賜公園は、

・井の頭池とその周辺、

・雑木林と自然文化園のある御殿山、

・運動施設のある西園、

・西園の南東にある第二公園

の4つのエリアに分かれています。

西園には、多くの品種の桜があります。

毎年3月上旬頃から早咲きの桜が咲き出します。

八重桜、しだれ桜、白花の桜、濃紅色の桜といった桜が、順番に咲いていきます。

スポンサードリンク

遅咲きの桜は、4月下旬まで観賞することができます。

例年、ボートに乗って、井の頭池を池の中心から眺める風景がおすすめです。

2016年からは、かいぼり実施が行われ、すっかり水がきれいになりました。

井の頭恩賜公園の桜のライトアップ?

これだけのスケールの桜だと、ぜひ夜にライトアップされた桜を見てみたいものです。

しかし、残念ながら、夜桜のライトアップはありません。

それでも、園内にはしっかり照明があります。

夜も散策は自由です。

間接照明ではありますが、夜桜を楽しむことができます。

まとめ

井の頭池の命名者は、徳川家の三代将軍家光と伝えられています。

井の頭恩賜公園の桜は、この池の中央にかかる七井橋からの眺めが最高です。

夜の照明に照らされる夜桜も、見ごたえがあります。

スポンサードリンク

 - お出かけ, お花, ,