閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

万博記念公園のライトアップの期間は?見どころ?おすすめ?

      2015/12/21

万博記念公園では、冬の恒例イベント「イルミナイト万博Xmas」が開催されています。

今年で5年目を迎える、太陽の塔でのイルミネーションの情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

万博記念公園のライトアップの期間は?

毎年恒例のクリスマスイベント「イルミナイト万博Xmas」は、11日間開催されます。

点灯期間は、2015年12月11日~2015年12月27日のうち、

12月11日(金)~13日(日)、18日(金)~20日(日)、23日(祝)~27日(日)です。

点灯場所は、万博記念公園 自然文化園、太陽の広場、東大路、下の広場です。

点灯時間は、16:00~21:00、入園は20:30までです。

駐車場ですが、16時30分以降の入庫は、中央駐車場・日本庭園前駐車場・東駐車場のみです(入庫は20時30分まで)。

万博記念公園のライトアップの見どころは?

太陽の広場では、太陽の塔をスクリーンにして、アートな立体映像と迫力ある効果音がコラボした映像ショー「太陽の塔3Dプロジェクションマッピング」を今年も開催します。

これは、太陽の塔の凹凸をあらかじめ3Dデータ化しておき、その表面に立体的な映像を映す話題の3Dプロジェクションマッピングです。

約12万球のLEDで彩られた東大路の「イルミストリート」なども実施され、万博記念公園がロマンチックな雰囲気に包まれます。

TSU8901_up-210x140

スポンサードリンク

今年で5年目を迎えるビームペインティングは、過去の作品も一部交えながら新たな内容も盛り込み、5年目を記念した映像ショーが展開されます。

今年のテーマは、「鍵-Key-」です。

大阪万博会場建設工事の完成引渡し式で使われた岡本太郎氏作の「施設の鍵」が映像に登場します。

その不思議な鍵で扉を開くと、新たな冒険の旅が始まるというストーリーが特徴です。

ビームペインティングとは・・・

従来の映像投影(プロジェクション)技術を進化させて、凸凹面や曲面に投影し、それを補正する投影方法です。

凸凹面ではうまく表現できなかった映像内容も、この手法によって飛躍的に美しく表現することができます。

万博記念公園のライトアップのおすすめは?

イルミナイト万博 Xmas開催期間中には、日本全国から選りすぐられたラーメンが計36店も集まる「ラーメンEXPO2015 in 万博公園」が同日開催されます。

また、おおさか魅力満喫キャンペーンで、イルミナイト万博XmasやラーメンEXPO、EXPO’70パビリオンなどが楽しめる特別価格のプランも登場します。

「ラーメンEXPO2015 in 万博公園」

日時: 第1幕 12月11日(金曜日)から13日(日曜日)
    第2幕 12月18日(金曜日)から20日(日曜日)
    第3幕 12月23日(水曜日・祝日)から27日(日曜日)
10時から21時まで(ラストオーダー20時30分)
会場: 自然文化園 お祭り広場
入場料: 入場無料、ラーメン券800円
出展数: 各幕とも12店、計36店

まとめ

太陽の塔と多彩な3D映像が融合する3Dプロジェクションマッピングが、今年も開催されます。

夜空に鮮やかに浮かび上がる太陽の塔に、会いに行きましょう。

スポンサードリンク

 - 観光