閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

東慶寺の梅の見ごろ?見どころ?イベント?

   

東慶寺は、鎌倉の梅の名所です。

JR北鎌倉駅から、徒歩3分のところにあります。

別名、縁切り寺、駆け込み寺として、広く知られているお寺です。

お花でも有名なお寺ですが、今の時期は、梅が見ごろです。

梅の品種も多く、長い期間楽しめます。

東慶寺の梅の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

東慶寺の梅の見ごろ?

http://tokeiji87.exblog.jp/page/3/

東慶寺では、山門から寺の奥まで、梅の木が約150本植えられています。

梅の主な品種は、白梅、紅梅、青軸、豊後梅、しだれ梅、黄梅などです。

例年の梅の見ごろは、1月中旬から3月中旬です。

開花時期に見られる、梅花の紅白のグラデーションが特著です。

http://tokeiji87.exblog.jp/page/3/

東慶寺の梅の見どころ?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%85%B6%E5%AF%BA

東慶寺は、鎌倉尼五山で唯一現存するお寺です。

現在は、男僧寺院です。

開山以来明治に至るまで、本山を持たない独立した尼寺でした。

もともとは、1285年(弘安8年)に、北条時宗の妻である、覚山尼が創建した臨済宗のお寺です。

スポンサードリンク

覚山尼は、「妻が寺に駆け込んで二十四カ月の寺入り生活をすれば離縁できる」という、縁切り寺法を定めたといわれています。

それ以来、駆込寺、縁切寺と呼ばれています。

女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も、果たしていたといいます。

室町時代後期には、住持は御所様と呼ばれます。

江戸時代には寺を松岡御所とと称されるほど、特殊な格式のある寺でした。

歴代の住職には、後醍醐天皇の皇女用堂尼、豊臣秀頼の娘天秀尼といった、名門出身の尼僧が多くいます。

紅白の梅もすばらしいのですが、梅だけではありません。

水仙、ボタン、桜、ハナショウブなど、四季の花が咲きます。

境内には、本堂・泰平殿や水月堂、松岡宝蔵などが建っています。

東慶寺の梅のイベント?

東慶寺の写真を公募し、東慶寺フォトギャラリーとして、ホームページに掲載しています。

月ごとに掲載され、過去の作品も見ることができます。

また、東慶寺「水月堂」に祀られている水月観音半跏像の特別拝観を行っています。

拝観希望日時・名前・拝観人数・電話番号を伝えて、予約してください。

拝観時間は、1日2回、9:30からと、14:30からです。

12月31日と1月3日はお休みです。

特別拝観料は、一人300円です。

予約の時間に、鐘楼前へ集まります。

水月堂内は、撮影禁止です。

http://www.tokeiji.com/suigetsu-haikan/

まとめ

東慶寺は、室町時代から続く、特別な格式のあるお寺です。

山門から奥まで植えられた梅が咲く姿を、ぜひ見に行ってください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, お花, ,