閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

スーパーの鰻の食べ方

      2015/10/03

土用の丑が近くなると、鰻の話がよく話題になる。昨年は、鰻の稚魚の高騰で値段はそれこそ鰻のぼりに高くなって、さらに絶滅危惧種の指定の話などもあって、もう庶民の口には入らないのかと思うほどだった。

スポンサードリンク

今年はそれに比べるといくぶん落ち着いてきたようで、鰻の宣伝も多くなったような気がする。

それでもスーパーで見ると、やはり鰻は高級品の部類。輸入物は国産よりは安いが、それでも家族分買うとなるとけっこうな贅沢かも。

土用の丑の後に、いつものスーパーに行ってみると、丑の残りなのか大量の鰻が陳列していたので、思わずうな丼にしようかと買ってしまった。最近だっと思うが、スーパーの鰻をおいしく食べる方法と言って、たれをお酒で割って、フライパンで煮詰めるとよいと言っていたのを思い出し、さっそくやってみることにした。

フライパンに、蒲焼きパックについている蒲焼のタレを入れ、火をかける。そこに料理用の日本酒を入れて、ぐつぐつとちょっと煮詰める。そこに冷蔵で硬くなった鰻の蒲焼きをいれて、しばらくなじませる。

スポンサードリンク

たれが煮詰まってきたところで、出して、どんぶりに。たれをいきなりかけるよりは薄味になるが、鰻自体はふっくらと仕上がってけっこうおいしく食べられた。

冷蔵している鰻の蒲焼きは、もともとたれを塗って仕上げられているので、たれが鰻の中まで染みていない。こうやって、ひと手間加えると、中までたれが染みてきて、身もやわらかくなって、いくぶんだが、お店で焼きたてを食べるような感じにはなる。

ただ、お店では、関東では、白焼きにしてから、蒸して、さらにタレを何度も塗りながら蒲焼きにしているわけで、これだけの手間をかけて仕上がる蒲焼きと同じものには到底ならないので、悪しからず。

それにしても、世界のいろいろなところでシラスウナギを捕獲して、そのまま輸入したり、養殖して成魚を輸入したりと、やはり鰻消費量が多いだけに、今後も確保が大変な食材であることは間違いない。

スポンサードリンク

 - 日記