閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

東京ミチテラスのイルミネーションの期間?見どころ?おすすめ?

      2017/11/08

この冬、丸の内では、「東京ミチテラス2017」が始まります。

テーマは、Celebration!(セレブレーション)です。

今年は、新丸ビル開業10周年、丸ビル開業15周年、東京国際フォーラム開館20周年です。

合わせて、東京駅丸の内駅前広場のグランドオープンもお祝いします。

街全体を花とひかりで演出します。

東京ミチテラスのイルミネーションの情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

東京ミチテラスのイルミネーションの期間?

東京・丸の内エリアでは、冬の風物詩である、光のイベントが開催されます。

未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめて、今年も開催されます。

その名は、「東京ミチテラス 2017」です。

主催は、東京ミチテラス 2017 実行委員会です。

開催期間: 2017年12月24日(日)から12月28日(木)

一部のイベントは、12月15日(金)より開催予定です。

開催場所:丸の内エリア

http://www.tokyo-michiterasu.jp/

東京ミチテラスのイルミネーションの見どころ?

東京駅周辺エリアは、「歴史」と「未来」と「文化」が共存する、多様な側面を持った街です。

歴史、伝統、文化、学術、ビジネス、先進性がダイナミックに融合する唯一無二の街とです。

このエリアにおいては、1999 年の「東京ミレナリオ」の開催以来、年末の光のイベントが冬の風物詩となっています。

今年も、東京・丸の内エリアから、未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめて、「東京ミチテラス 2017」が開催されます。

本年の演出テーマは、Celebration!(セレブレーション)です。

スポンサードリンク

新丸ビル開業10周年、丸ビル開業15周年、東京国際フォーラム開館20周年と、東京駅丸の内駅前広場のグランドオープンを街全体で祝福します。

総合演出には、当代随一の人気フラワーアーティスト、ニコライ バーグマンを起用します。

「花とひかりのシンフォニー」と題して、花とひかりで彩るアート作品が、各所で展開されます。

東京ミチテラスのイルミネーションのおすすめ?

東京ミチテラスでは、大きく2ヵ所で、展開されます。

<行幸通り>

開催期間:12月24日(日)から12月28日(木)まで

●Flower Garden ~花とひかりの饗宴~

花とひかりが一体となった、複数のフラワーアート作品で構成するフラワーガーデンです。

日中と夜間で趣きの異なる作品を楽しめます。

無数の花で覆われた立体感のあるフォルムのアート作品で、独創的なフラワーガーデンを展開します。

夜は、花と一体に組み込まれたLED照明で、一面にひかりの花が咲き誇ります。

http://www.tokyo-michiterasu.jp/images/release.pdf

<丸の内周辺エリア>

開催期間:12月15日(金)から12月28日(木)予定

●Flower Avenue ~ひかりの花咲く道~

丸の内仲通りのビルのファサード周辺など、さまざまな彩りのビッグフラワーボックスが設置されます。

フォトジェニックなフラワーアートが通りを飾ります。

●Floral Art Installation~花のランドスケープアート~

大手町・丸の内・有楽町エリア内のオープン空間が装飾されます。

コンテンポラリーで造形的なフラワーインスタレーション作品を展示します。

http://www.tokyo-michiterasu.jp/images/release.pdf

まとめ

丸の内エリアでは、今年もクリスマスイルミネーションが華やかです。

東京ミチテラスで、丸の内ならではの上質なクリスマスを楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, イルミネーション