閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

横浜赤レンガ倉庫のライトアップの期間?見どころ?おすすめ?

      2017/10/31

スポンサードリンク

横浜赤レンガ倉庫は、横浜市中区にあります。

「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」が開催されます。

今年で8回目を迎えます。

昨年は80万人以上の来場があった、大イベントです。

横浜で、ケルンのクリスマスマーケットの世界観を楽しめます。

横浜赤レンガ倉庫のイルミネーションの情報をまとめてみましょう。

横浜赤レンガ倉庫のライトアップの期間?

https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/509

「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」は、ドイツのクリスマスマーケットを再現したものです。

今年は、会場全体を雪の装飾やホワイトカラーの装飾で統一して、雪景色を演出します。

イルミネーションの点灯期間は、2017年11月25日(土)から12月25日(月)の計31日間です。

11月24日(金)は、点灯式・プレオープンを予定しています。

点灯時間は、16:00~22:00ですが、ツリーのみ24:00までライトアップされます。

ただし、12月16日(土)から12月25日(月)は、16:00から23:00までです。

雨天は決行ですが、荒天は休業の場合があります。

場所は、横浜赤レンガ倉庫イベント広場です。

会場の海側では、イルミネーションで彩られた高さ12メートルの本物のモミの木ツリーがお出迎えします。

横浜の夜景とドイツの雰囲気のコラボを楽しめます。

アクセスは、JR・市営地下鉄であれば、桜木町駅から汽車道経由で徒歩約15分です。

関内駅からなら、徒歩約15分です。

みなとみらい線馬車道駅または日本大通り駅からだと、徒歩約6分です。

みなとみらい駅からだと、徒歩約12分です。

https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/509

横浜赤レンガ倉庫のライトアップの見どころ?

https://www.yokohama-akarenga.jp/event/detail/509

クリスマスマーケットは、1393年にドイツで始まったヨーロッパの伝統的なクリスマスイベントです。

クリスマス関連のフードやグッズを販売する市で、ドイツ圏では、ほぼ全ての都市、小都市で行われています。

期間中、温かみのあるLEDで飾られたモミの並木道の間には、24台のヒュッテが並びます。

ヒュッテは木の屋台で、ホットワインやソーセージ、シュトーレンやドイツ雑貨などが販売されます。

昨年同様、会場内メインツリーの装飾は、フラワーショップ「サンジョルディフラワーズ ザ・デコレーター」がプロデュースします。

会場全体がライトアップされ、幻想的でおとぎ話の中にいるかのような雰囲気を演出します。

https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas2017/

横浜赤レンガ倉庫のライトアップのおすすめ?

http://www.yokohama-akarenga.jp/christmas2016/#schedule

今年も、赤レンガ倉庫にサンタがやってきます。

サンタと会えるサンタクロースグリーティングです。

場所は、横浜赤レンガ倉庫の各所です。

サンタがどこにいるかは当日のお楽しみです!

運良くサンタクロースに出会えたら、プレゼントがもらえるかもしれません。

来館日は、12月1日(金)、5日(火)、7日(木)、12日(火)、14日(木)、18日(月)、20日(水)です。

http://www.yokohama-akarenga.jp/christmas2016/#schedule

まとめ

今年も横浜赤レンガ倉庫では、クリスマスマーケットが盛り上がります。

赤レンガ倉庫は、昨年を上回る人気のイルミネーションとなりそうです。

スポンサードリンク

 - お出かけ, イルミネーション