閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

嵐山の紅葉の時期?おすすめ?ライトアップ?

      2017/10/16

スポンサードリンク

嵐山といえば、京都屈指の名勝です。

四季折々の美しさを見ることができます。

特に、紅葉の季節の美しさは素晴らしいものがあります。

内外から多くの観光客が訪れます。

また、紅葉に包まれる名所が多くあります。

行けば一日楽しめるのも大きな魅力です。

嵐山の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

嵐山の紅葉の時期?

嵐山の紅葉を楽しめる時期は、いつ頃からいつ頃まででしょうか。

毎年、その年の天候によって微妙に変わりはします。

紅葉が見ごろの時期としては、11月の中旬から12月上旬くらいまでです。

毎年11月の第2日曜日には、「嵐山もみじ祭り」が渡月橋上流一帯で催されます。

今年は、2017年11月12日(日)の予定です。

平安管弦船、今様船、嵯峨大念仏狂言が上演されます。

王朝絵巻が繰り広げられます。

雨天中止です。

嵐山で見られる主な紅葉の樹種は、ヤマザクラとカエデです。

全国の紅葉前線の動きを見ながら、嵐山地域の紅葉見ごろ情報とお天気情報をチェックして、紅葉狩りに出かけてください。

嵐山の紅葉でおすすめの場所?

赤や黄の錦に染まる、燃えるような嵐山の紅葉には、誰もが感動します。

その嵐山の紅葉を楽しむのにおすすめの場所は、天龍寺と大覚寺です。

天龍寺は、足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺です。

境内をぐるりと散歩すると、曹源池庭園(そうげんちていえん)にたどり着きます。

この曹源池を中心として、嵐山の借景が表現されています。

池の周りの美しさは、息をのむほどです。

紅葉のシーズンは朝7:30から公開されていますので、時間を有効に使えます。

大覚寺は、弘法大師空海を宗祖とする、真言宗大覚寺派の本山です。

こちらにも、天龍寺と同じく名勝とされる、大きな池があります。

この池は大沢池、別名を庭湖とも呼ばれています。

平安前期の様式を伝える日本最古の人工林泉です。

大沢池は、大覚寺の東に大きく広がり、ロケ池としても有名です。

なお、ちょっと離れていますが、トロッコの嵐山駅の近くの嵐山公園も、おすすめスポットです。

大河内山荘から見て、一番高い塀の向こうが嵐山公園になっていて、展望台があります。

保津峡の景色を見るには、高台になっていておすすめです。

嵐山の紅葉でライトアップされる場所?

嵐山の紅葉のもう一つの楽しみは、ライトアップです。

いくつかのおすすめスポットがあります。

まず、2005年より始まった嵐山花灯路です。

こちらは、総延長約5kmの「灯りと花の路」、渡月橋周辺・竹林のあたり一帯がライトアップされます。

美しい夜の演出が見られます。

竹林は昼間見ても、その緑が美しいエリアですが、夜、ライトアップされた姿もおすすめです。

また、大覚寺の紅葉のライトアップも、なかなかのものです。

こちらは、本堂と、大沢池周辺の広大なエリアがライトアップされます。

水面に映し出される大覚寺と紅葉が幻想的です。

まとめ

京都は紅葉のスポットがたくさんありますが、彩り鮮やかな嵐山の紅葉は、その中でも格別なものです。

時期的に非常に混雑する時期になりますから、下調べをしっかりして、限られた時間で効率よく楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉