閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

明治神宮外苑の紅葉の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

      2017/10/16

明治神宮外苑は、東京都新宿区霞ケ丘町・港区北青山に位置します。

明治天皇と昭憲皇太后のご遺徳を後世に伝えるためのものです。

旧青山練兵場跡に造成されました。

1926年10月に、明治神宮に奉献されました。

季節を問わず散策コースとなっています。

明治神宮外苑の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

明治神宮外苑の紅葉の見ごろは?

明治神宮外苑の紅葉といえば、なんといってもイチョウ並木です。

例年の色づき始めは、11月中旬くらいです。

見ごろとしては、11月下旬から12月上旬です。

イチョウがメインですので、紅葉というより黄葉ですね。

アクセスは、JR信濃町駅・東京メトロ外苑前駅・青山一丁目駅・都営地下鉄国立競技場駅から、徒歩5分です。

明治神宮外苑の紅葉の見どころは?

明治神宮外苑で紅葉する木の種類は、イチョウ、サクラ、ケヤキです。

しかし、圧倒的なスケールで目に飛びこんでくるのは、イチョウです。

青山通りから聖徳記念絵画館に向かい、300mに渡って続きます。

イチョウ並木は、黄金ロードと呼ばれます。

黄金色に染まった146本のイチョウが、通りの両側を囲んでトンネルとなっています。

よく絵画のような美しさと言われます。

スポンサードリンク

イチョウの木が、青山通り口から遠近感をもって樹高の高い順に植えられているのです。

それが奥の聖徳記念絵画館と相まって、絵画のように見えるからです。

また、イベントとしては、今年も、いちょう祭りが開催されます。

第21回神宮外苑いちょう祭りは、

2017年11月17日(金)~12月3日(日)10:00~20:00

土・日・祝日は、9:30~18:00まで、最終日のみ14:00までです。

雨天決行ですが、荒天により中止の場合もあります。

会場 外苑いちょう並木噴水池周辺

日本各地の特産品やご当地グルメ、工芸品等の販売の他、様々なイベントが開催されます。

明治神宮外苑の紅葉のライトアップは?

明治神宮外苑のイチョウ並木は、ライトアップされるのでしょうか。

残念ながら、イチョウの木そのものはライトアップされていません。

その代わり、聖徳記念絵画館がライトアップされますので、その光を受けて輝くイチョウを楽しんでください。

いちょう祭りの期間に、ライトアップが行われるようです。

期間: 2017年11月17日~12月3日(予定)
時間: 16時30分~20時(予定)

まとめ

明治神宮外苑といえば、イチョウ並木ですが、イチョウの紅葉の季節は、1年で最も美しい季節です。

ぜひ、この時期に、黄金ロードを楽しんで下さい。

イチョウ並木は見上げて見るだけでなく、黄金のじゅうたんとしても楽しめます。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉