閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

上野恩賜公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

      2017/10/16

スポンサードリンク

上野恩賜公園は、東京都台東区にあります。

武蔵野台地の「上野台」に公園が位置しています。

そのことから、「上野の山」とも呼ばれます。

1873年(明治6年)に日本で初めて公園に指定されました。

江戸時代には、東叡山寛永寺の境内地でした。

上野恩賜公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

上野恩賜公園の紅葉の見ごろ?

上野恩賜公園では、春にはソメイヨシノ、ヤマザクラが咲き乱れ、都内有数のサクラの名所でもあります。

秋には、モミジやイチョウの紅葉が、上野の山を彩ります。

紅葉見ごろは、11月下旬から12月上旬です。

アクセスは、JR山手線・JR京浜東北線・JR高崎線・JR宇都宮線・東京メトロ鉄銀座線・東京メトロ日比谷線で上野下車、徒歩2分です。

京成本線では、京成上野下車、徒歩1分です。

上野恩賜公園の紅葉の見どころ?

上野恩賜公園では、園内にイチョウ並木が整備されています。

数百本のイチョウとともに、ケヤキやモミジなどの樹木も植えられています。

主な紅葉樹木は、モミジ、カエデ、イチョウなどです。

イチョウの木は381本、ケヤキ405本、モミジも約40本ほどあります。

西日が差し込む夕暮れ時が、一番紅葉が絵になります。

上野恩賜公園では、随所で紅葉の景色を楽しむことができます。

秋になると、サクラの木1200本が赤味がかかった褐色に色づきます。

東京国立博物館の正門付近には、ケヤキとイチョウ並木があります。

舞い散るイチョウの葉を踏みしめながら歩くと、まさに秋を感じることができます。

イチョウであれば、公園口にある「夫婦イチョウ」の名木も必見です。

また、管理事務所の東側にある古墳はモミジの林で、紅葉の名所でもあります。

東京国立博物館の本館北側には、四季折々の花や紅葉に彩られる庭園があります。

春の桜の季節と秋の紅葉の季節には、一般に開放されます。

公園の中央にある擂鉢山周辺や、しのぶ川沿いのモミジも、とても美しくなります。

上野恩賜公園の紅葉のおすすめ?

上野恩賜公園のおすすめスポットの第一は、寛永寺清水観音堂のモミジです。

京都の清水寺を模して造られ、重要文化財に指定されています。

長蛇の列ができることもあるという、子育て子授け観音として人気のお寺です。

西郷隆盛像の裏手にありカエデの紅葉を楽しめます。

次に、牡丹の花が有名な上野東照宮。

東京では数少ない本格的な江戸建築を間近でみることができるスポットとして、人気があります。

秋には、イチョウの紅葉が古い石灯篭とともに落ち着いた雰囲気を醸し出し、風情を感じられるスポットになります。

冬になり、花が少なる季節に、境内では貴重な「冬ぼたん」が楽しめます。およそ40品種、600本のぼたんが公開されます。

まとめ

上野恩賜公園は、江戸東京の観光名所として知らない人はいないスポットです。

美術館、博物館、文化会館などの文化ゾーンが充実し、動物園、ボート池、子供遊園地など、子供から大人まで楽しめます。

周辺のおすすめスポットも合わせて、紅葉を楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉