閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

新宿御苑の紅葉の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

      2017/10/16

新宿御苑は、東京都新宿区にあります。

信州高遠藩主であった、内藤家の下屋敷跡地の一部です。

明治39年(1906年)に皇室庭園として完成しました。

戦後に一般公開されたものです。

周囲3.5kmの園内には、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園、日本庭園などの庭園があります。

紅葉シーズンには、イチョウの黄色やモミジの赤に、桜の落ち葉やプラタナス並木など、様々な紅葉が楽しめます。

新宿御苑の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

新宿御苑の紅葉の見ごろ?

新宿御苑の紅葉の見ごろは、10月中旬のハナミズキから始まります。

メインの樹木の本格的な紅葉は、11月中旬~12月上旬が見ごろになります。

新宿御苑には、多種多様な樹木があります。

その中で紅(黄)葉するものは、ハナミズキ、ユリノキ、プラタナス、サクラ、カエデ類、イチョウ、ラクウショウなどです。

アクセスは、各種電鉄の駅から徒歩になります。

JR・京王・小田急線 新宿駅南口より徒歩10分
西武新宿線 西武新宿駅より徒歩15分
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅出口1より徒歩5分
東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅E5出口より徒歩5分
都営新宿線 新宿三丁目駅C1・C5出口より徒歩5分

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/11/

新宿御苑の紅葉の見どころ?

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/11/

新宿御苑の紅葉の見どころですが、たくさんあります。

何せ東京ドーム12個分の敷地です。

まず、フランス式整形庭園は、バラ花壇がきれいに整備されています。

しかし、意外に見どころが少ないと言われます。

そこで、紅葉シーズンには、なんといっても、プラタナスが黄色く色づく並木道を歩きましょう。

イギリス風景式庭園では、広大な芝生が広がる庭園に立つ紅葉した樹木が楽しめます。

スポンサードリンク

サクラやユリノキ、ケヤキ、ハルニレなどの木々が、芝生を囲んでいます。

また、ここでは、ユリノキが黄葉するのが見られます。

日本庭園では、秋の菊花壇も見ものですが、真っ赤に色づいたカエデが見られます。

ここは、低木が多く、まじかで紅葉を楽しむことができます。

モミジ山は、春の新緑もきれいです。

それが紅葉シーズには、その名の通り、大木のモミジが真っ赤になります。

なんといってもすごいのは、木の本数です。

新宿御苑には、園内にはモミジが1000本、イチョウが270本、プラタナスが230本あることです。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/11/

新宿御苑の紅葉のライトアップ?

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/11/

新宿御苑の紅葉はライトアップされるのでしょうか。

残念ながら、ライトアップはされないのです。

どうしてかというと、園内にそもそも証明設備がありません。

温暖化対策として、CO2削減など環境保護のためなのです。

広すぎることも理由のひとつかもしれませんが。

開園時間も9時~16時で閉園は16時30分ですからね。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/11/

まとめ

都心にある新宿御苑ですが、紅葉シーズンには混雑するとはいえ、さすがの広さです。

一度入ってしまえば、気にならないかもしれません。

とにかく広くて見どころもたくさんあります。

休みながら、ゆっくり紅葉を楽しむことができます。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉