閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

向島百花園の紅葉の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

      2017/10/16

向島百花園は、墨田区東向にあります。

江戸の文化・文政期(1804~1830年)に造られた植物庭園です。

仙台出身の骨董商・佐原鞠塢によって開設されました。

1978年(昭和53年)10月に、国の名勝及び史跡の指定を受けています。

ペット連れの入園はできません。

向島百花園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

向島百花園の紅葉の見ごろ?

向島百花園では、秋にはモミジやイチョウが綺麗に色づき、池の水面に映り込む景色は大変趣があります。

例年の色づき始めは、11月初旬くらいです。

紅葉の見ごろは、11月中旬から12月中旬です。

アクセスは、東武スカイツリーラインで東向島下車、徒歩約8分です。

または、京成電鉄押上線京成曳舟下車、徒歩約13分です。

都営バスの場合は、亀戸-日暮里(里22)で百花園前下車、徒歩約2~3分です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E5%B3%B6%E7%99%BE%E8%8A%B1%E5%9C%92

向島百花園の紅葉の見どころ?

向島百花園で紅葉する樹木は、ウメ、ケヤキ、ハゼ、サクラ、モミジ、イチョウニシキギなどです。

また、向島百花園内には多数の野草が植えられており、特に秋の七草やその他の秋の草花の美しさでも知られています。

紅葉の時期よりはやや早い10月頃までには、多くの草花が見頃を迎えてしまうのですが、草木類と樹木がおりなす紅葉は格別です。

紅葉では、11月中旬頃に、向島百花園を代表するウメの紅葉が始まり、色づいた草木類が彩りを加えます。

12月上旬にかけては、ハゼやイチョウ、モミジも順に色づいて、秋の景色が完成します。

園内のモミジやイチョウが鮮やかに色付くと、その姿が池の水面に映り込んで趣のある景色となります。

スポンサードリンク

また、ハゼの木も、赤い葉が色づいて、とてもきれいです。

11月3日(金・祝)から12月10日(日)まで、都立庭園紅葉めぐりスタンプラリーが行われます。

向島百花園を含む都立9庭園が会場です。

向島百花園の紅葉のライトアップ?

向島百花園には、紅葉の時期のライトアップはありません。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

その代わりに、2月中旬には梅のライトアップが、9月下旬から10月上旬までは、園内にある萩のトンネルのライトアップが行われます。

特に萩のトンネルは百花園の名物となっていて、竹の柵で出来た約30mの萩の花のトンネルが、ライトアップで幻想的に浮かび上がります。

まとめ

向島百花園は、他の大きな庭園と違って、庶民的な庭園であり、江戸の町人文化が息づく下町の雰囲気を維持しています。

また、紅葉の樹木だけでなく、秋の草花も同時に楽しめる、数少ない庭園で、園内すべてが見どころと言えます。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉