閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

林試の森公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

   

林試の森公園は、品川区小山台にあります。

1900年(明治33年)に「目黒試験苗圃」として始まりました。

かつては、「林業試験場」でした。

1989年(平成元年)に「都立林試の森公園」として開園しました。

100年以上の歴史がある公園です。

林試の森公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

林試の森公園の紅葉の見ごろ?

林試の森公園は、東西に700m、南北に250mと細長い敷地です。

外周の園路を一周すると45分程で廻れるくらいの広さです。

紅葉の見ごろは、11月下旬くらいからです。

アクセスは、東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線武蔵小山から、徒歩10分です。

または、JR渋谷駅から東急バス(恵比寿経由)五反田行き(72系統)で林試の森入口下車、徒歩1分です。

https://twitter.com/ParksRinsi

林試の森公園の紅葉の見どころ?

林試の森の公園主な植物は、クス、アカガシ、ケヤキ、プラタナス、ラクウショウ、アベマキ、ホウチャクソウ、カントウタンポポなどです。

https://twitter.com/ParksRinsi

主な紅葉樹木は、ラクウショウ、モミジです。

スポンサードリンク

モミジは公園内に点在しており、40本ほどあります。

一番の見どころは、黄色から茶色へと紅葉して、小枝ごと舞い落ちるラクウショウです。

ラクウショウは、メタセコイアともよく似た、北米原産の落葉針葉樹です。

林試の森公園の紅葉のおすすめ?

林試の森公園には、その100年以上の歴史から、幹回り3メートルを超える樹木が数多くあります。

ケヤキ、クスノキ、ポプラ、スズカケノキなどが、スカイラインをつくり出しています。

とりわけ芝生広場にある大きなクスノキは圧倒的なスケールで、この公園のシンボルツリーとなっています。

また、林試の森公園は、かつて湿地でした。

今では、上池と下池、そして池を結ぶ小水路に昔をしのぶことができます。

池の背景には、ラクウショウの森があり、すばらしい景色を楽しめます。

さらに、公園内では、オオルリ、キビタキ、カワセミ、サンコウチョウといった、都心では珍しい鳥が確認されています。

オナガ、シジュウカラ、コゲラはいつでも見ることができ、流れには、カモ類やコサギが飛んできます。

https://twitter.com/ParksRinsi

まとめ

林試の森公園は、都内屈指の巨木が数多く残る公園で、雑木の紅葉を楽しむことができます。

ラクウショウの紅葉がメインで、雑木の紅葉を楽しめるという点で、ユニークな公園です。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉