閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

駒沢オリンピック公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

   

駒沢オリンピック公園は、世田谷区駒沢公園にあります。

1964年の東京オリンピックを記念して整備されました。

東京オリンピックの第二会場です。

そのまま公園として開放しています。

オリンピック東京大会の感動が、今もよみがえってきます。

駒沢オリンピック公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

駒沢オリンビック公園の紅葉の見ごろ?

駒沢オリンピック公園は、41万平方メートルもの敷地があります。

スポーツ施設や家族で遊べる遊具などが揃っています。

例年の色づき始めは、11月中旬くらいです。

紅葉の見ごろは、11月中旬から12月中旬です。

アクセスは、JR山手線渋谷から東急バス(田園調布行き)で、駒沢公園東口下車です。

または、JR山手線恵比寿から東急バス(用賀行き)で、駒沢公園下車です。

東急田園都市線の場合には、駒沢大学駅下車、徒歩15分です。

https://twitter.com/ParksKomazawa

駒沢オリンピック公園の紅葉の見どころ?

駒沢オリンピック公園の主な植物は、ケヤキ、コブシ、サクラ、スダジイ、モッコク、イヌツゲ、サザンカ、ツツジ類です。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=040&page=10

紅葉する樹木は、イチョウ、トウカエデ、ケヤキなどです。

スポンサードリンク

園内には、樹齢50年を超える木々が植えられており、四季を通じて様々な風景を楽しめます。

紅葉の季節には、イチョウ、ケヤキなどに加えて、桜も色付きます。

公園案内所口から西口にかけてのケヤキ並木や、駒沢通り沿いのイチョウ並木が作り出す黄金のトンネルは、見ごたえ充分です。

特に、駒沢通り側のイチョウ並木は、177本の大木がつくりだす圧巻の黄金トンネルとなります。

駒沢オリンピック公園の紅葉のおすすめスポット?

駒沢オリンピック公園のおすすめスポットとしては、西口から周回園路の並木、自由広場などです。

ここでは、ウォーキングやランニングをしながら紅葉を楽しむことができます。

特に、第二競技場周辺などではケヤキ並木が続きます。

1周2.1kmのジョキングコ-スを、スポ-ツをしながら秋の風景が楽しめます。

公園管理事務所から駒沢通りへ抜ける途中のロ-タリ-も秋の見どころ。

ここのイチョウ並木は、町中にある街路樹と違って、周りに太陽の光を遮るものがありません。

また、イチョウの木の間隔が広めに取られているので、イチョウ並木全体がいきいきと伸びています。

https://twitter.com/ParksKomazawa

まとめ

駒沢オリンピック公園は、東京オリンピックの第2会場で、レスリングやバレーボールなどの競技が行われた場所です。

現在は、緑と数々の体育施設が調和した運動公園として親しまれています。

ぜひウオーキングをしながら、並木道の紅葉を楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉