閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

善福寺川緑地の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

   

スポンサードリンク

善福寺川緑地は、杉並区成田西にあります。

善福寺川に沿った、全長約3.0キロメートルの細長い公園です。

荻窪一丁目の神通橋から、五日市街道の尾崎橋まで、約1.5キロ続きます。

その間に約400本の桜並木が続き、都内有数の花見の名所として知られています。

秋には善福寺川沿いに紅葉が咲き乱れる、まさに歩くための公園です。

善福寺川緑地の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

善福寺川緑地の紅葉の見ごろ?

善福寺川緑地は、善福寺川沿いに、サクラ・カエデ・イチョウなど多数の樹木が紅葉します。

黄色と赤色、茶色がみごとに川面に映りるようになります。

園内には、サクラのほかにも、コブシ、ハナミズキ、エンジュ、ムクゲ、サルスベリ、キョウチクトウ、キンモクセイ、サザンカ、ツバキといった花をつける木が多くあります。

紅葉の見ごろは、11月中旬くらいです。

アクセスは、京王井の頭線西永福・浜田山駅下車、徒歩15分です。

関東バスJR中野駅-吉祥寺駅間では、善福寺川緑地公園前、杉並第二小前、五日市街道営業所で下車です。

「すぎ丸」バス阿佐ヶ谷-浜田山間では、児童交通公園入口下車です。

https://twitter.com/parkszenpukuji

善福寺川緑地の紅葉の見どころ?

https://twitter.com/parkszenpukuji

善福寺川緑地は、秋には、ケヤキ、イチョウ、トウカエデ、サクラなどが鮮やかな紅葉となり、写真愛好家が集まります。

善福寺川沿いには、サツキ、ツツ ジ、キリシマツツジ、ドウダンツツジ、クチナシ、カルミア、ジンチョウゲ、カンツバキの低木が植えられています。

児童橋をはさんで斜め対岸にある背の高い木は、メタセコイアとラクウショウで、これも紅葉します。

川沿いに歩いていくと、イチョウのじゅうたんに、色とりどりのモミジというコントラストを楽しむことができます。

善福寺川緑地の紅葉のおすすめスポット?

https://twitter.com/parkszenpukuji

善福寺川緑地を流れる善福寺川の水は、よく澄んでいます。

それは、この辺りの岸辺から湧水がでていることと、川底のオオカナダモが水を浄化するためといわれています。

川を見ていると、セグロセキレイ、ハクセキレイ、コサギなどがやってきます。

冬にはカモが渡ってきて、水辺で羽を休める姿が見られます。

また、細長い緑地公園には、いくつかの広場があります。

軽い運動の出来る仲よし広場、ケヤキに囲まれたセンター広場、草地の広がる杉ニ小前広場、ニレの木陰の緑陰広場、草原で子供が転がって遊べる子供の広場、ヒコーキ型ジャングルジムなど遊具が楽しいヒコーキ広場などです。

どの場所にも木々が植えられており、どこへ行っても紅葉を楽しみながら、いろいろな時間の過ごし方ができるスポットです。

https://twitter.com/parkszenpukuji

まとめ

善福寺池を源とする善福寺川が、杉並区の中ほどで大きく蛇行するあたりに、善福寺川緑地と和田掘公園が広がっています。

この帯状に続く二つの公園は、全長約4.2キロあり、武蔵野の面影を残す木立と子供の広場が交互に現れ、整備された遊歩道でつながれています。

春のサクラから秋の紅葉まで、四季の変化を楽しみながらの散策に最適の公園です。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉