閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

善福寺公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

   

スポンサードリンク

善福寺公園は、杉並区善福寺にあります。

善福寺池は、善福寺川の源流となっています。

武蔵野の3大湧水池の一つです。

上の池と下の池があり、敷地の47%を占めています。

カワセミも見ることができます。

善福寺公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

善福寺公園の紅葉の見ごろ?

善福寺池の水は かつては神田上水の補助水源として利用されたほど澄んでいます。

石神井公園と共に、武蔵野3大遊水地のひとつとなっています。

上の池と下の池を合わせて、約3万7000平方メートルもの敷地を有しています。

善福寺公園は、交通の便が少ないところにあるため、静かに紅葉を楽しむことができます。

紅葉の見ごろは、11月中旬です。

アクセスは、JR荻窪駅から関東バス南善福寺行きで、善福寺公園前下車です。

また、JR西荻窪駅から関東バス、あるいは西武バス上石神井駅行き(大泉学園駅行きもあり)で、善福寺下車、徒歩5分です。

西武新宿線の場合は、上石神井駅から関東バスあるいは西武バス西荻窪駅行きで、善福寺下車、徒歩5分です。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=010&page=3

善福寺公園の紅葉の見どころ?

善福寺公園で見られる主な植物は、イチョウ、クヌギ、ケヤキ、サクラ類、モミジ、シラカシ、スギ、トチノキ、マテバシイ、アジサイ、フヨウ、スイレン、メタセコイアといったところです。

春は桜、ツツジ、シャクナゲ、夏はあじさい、睡蓮、芙蓉が咲きます。

秋からは、紅葉や彼岸花、そして冬はサザンカなどの植物が咲き誇り、四季折々に表情を変化させています。

紅葉する樹木は、イチョウ、モミジ、メタセコイヤです。

上の池、下の池それぞれの周りのモミジやイチョウが池に反射してきれいです。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=010&page=3

善福寺公園の紅葉のおすすめ?

善福寺公園の紅葉のついでに回れるおすすめスポットがいくつかあります。

まずは、善福寺池の湧水のひとつである、遅の井(おそのい)です。

言い伝えによると、1189年(文治5年)に、源頼朝が奥州征伐に向かう途中、この地で飲料水を求めて土を掘ったところ、折からの干ばつでなかなか水が出ず、水の出を「今や遅し」と待ったところから「遅の井」と命名されたといわれます。

現在は、井戸を掘ってポンプで汲みあげ、遅の井の滝として復元しています。

また、公園の近くに、善福寺があります。

本尊は阿弥陀如来像で室町期のものと伝わっています。

浄土系の寺院が、かつて善福寺池畔にあった善福寺(廃寺)にちなんで、今の称に改めたものです。

現在の 本堂は、昭和40年(1965)の再建です。こちらのモミジもきれいです。

さらに、善福寺公園には、様々な野鳥がいます。

注意すれば、カワセミの姿を垣間見ることができます。

長年近くに住んでいる人も、知らなかったという人が少なからずいるそうです。

https://twitter.com/Parks_Zenpukuji

まとめ

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=010&page=2

善福寺公園は、吉祥寺駅あるいは西荻窪駅から歩くか、バスを使って行くのですが、静かでゆったりした公園です。

紅葉だけでなく、野鳥も多く、特にカワセミを見ることができる、貴重な公園でもあります。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉