閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

石神井公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめ?

      2017/10/16

石神井公園は、練馬区石神井台にあります。

三宝寺池、石神井池の二つの池があります。

練馬区を代表する公園です。

井の頭池、善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られています。

カワセミの生息地でもあります。

石神井公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

石神井公園の紅葉の見ごろ?

石神井公園は、武蔵野の自然を上手にいかしています。

園内は起伏に富み、木々と遺跡が点在して、豊かな風景を作り出しています。

2つの池は、木々に囲まれた静寂な趣きの三宝寺池と、ボート池として賑わう石神井池です。

三宝寺池の中にお宮があり、最後の出口の所には石神井城後の古墳があります。

紅葉の見ごろは、11月下旬をピークとしてその前後の期間です。

石神井公園の紅葉の見どころ?

石神井公園の主な紅葉する樹木は、イロハモミジ、ラクウショウ、ケヤキ、イチョウです。

その中でも、350本のモミジの他、三宝寺池のほとりのラクウショウが赤褐色に染まります。

また、イチョウ、メタセコイヤなども色づきます。

さらに、野鳥誘致林、記念庭園周辺にはモミジが多く隠れており、穴場となっています。

全体的には、赤、黄、橙色のグラデーションを楽しむことができます。

アクセスは、西武池袋線石神井公園下車で、徒歩7分です。

または、西武新宿線上井草より長久保行きバスで三宝寺池下車、石神井公園行きバスで石神井公園下車です。

スポンサードリンク

石神井公園の紅葉の他におすすめ?

石神井公園のおすすめスポットとして、三宝寺池には、カワセミのスポットがあります。

カワセミのための止まり木を用意して、餌となる小魚を放って、餌付けをしています。

その姿を待つカメラマンが三脚を構えているので、すぐにわかります。

訪れた時にカワセミがいつも飛んでくるわけではありません。

しかし、出てくるとしばらくはそこに留まっています。

意外にじっくり見られますので、しばらくじっと見ていてください。

また池のほとりにある、ふるさと文化館もおすすめです。

ここは、練馬区の歴史や伝統文化、自然、観光情報を発信する博物館です。

「ふ(ふれあい)る(ルーツをさぐる)さ(さわれる)と(とりかえられる)」をテーマにしています。

常設展示では、ハンズ・オン展示や実物大再現展示を随所に導入しています。

展示を見るだけでなく、体験とのコラボレーションにより、参加型の展示構成が特徴です。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=006&page=2

まとめ

石神井公園は、お手軽に紅葉を楽しめるスポットです。

ボートに乗れたり、博物館があったり、遺跡があったりと、一日楽しむことができます。

また、カワセミを近くで見られる貴重なスポットでもあるので、湧水の公園をぜひ楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 紅葉