閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

デジカメ

      2015/10/03

今使っているデジカメを買ってからもう2年くらいたった。

既に、5台目のデジカメは、ずっと同じ機能のものを使ってきた。

過去4台から同じ機能なのは、私が撮影するものに特徴があって、同じ機能がないとダメだから。

スポンサードリンク

何を撮るかというと、日々の食事と、飛行機に乗ったときの景色。

これって、マクロ撮影と超望遠撮影の両方の機能を必要とする。

つまり、食材を取る時には、お皿に乗っている料理の全体を撮る時は何も問題がないのだが、それを超アップにして、食材の細部を撮る時には、食材から1センチくらいのところで撮ることもある。そのための1センチマクロが必要な機能となる。

また、遠い方は、例えば、飛行機からいろいろな景色を撮るのだが、山や湖、時には建物までがその射程範囲になる。わかりやすい例でいえば、富士山の登山道がジグザグになっているのを撮るような場合。このためには、超望遠が必要になる。

その代わり、その他のオプションは必要ないのだ。

スポンサードリンク

画素数は今や1000を超えるものもいっぱいあるが、そこまでは必要ない。パソコンの画面で見られるレベルなら、それ以上はいらない。

ところで、さきほどの両方の機能をそろえているデジカメは意外に少なくて、あっても値段がとても高いのが特徴。

最近は、それに加えて、ミラーレスの一眼レフが出回ってきて、コンパクトサイズのデジカメの高級版はだんだん少なくなっているようだ。

コンパクトデジカメは、どんどん安くなって、シンプルになっている。水の中でも使えるようなウオータープルーフのものなどを除けば、売り場を見ていても、その種類も少なくなっているように感じる。

それは、やはりスマホが普及して、搭載されているカメラの性能が上がってきたからだろう。スマホとデジカメを2台持つ必要も、どんどん減っているようだ。

私のように撮影対象が極端な場合を除けば、軽いスマホでの撮影で、ほとんどのシチュエーションはカバーできてしまうものね。

スポンサードリンク

 - 日記