閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

丸の内のイルミネーションの点灯期間?場所は?見どころは?

   

丸の内イルミネーション2015は、有楽町と大手町をつなぐ約1.2キロメートルにおよぶ丸の内仲通り沿いの街路樹が、丸の内オリジナルカラーの「シャンパンゴールド」のLEDで、クリスマスシーズンを演出します。

今年のイルミネーションの情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

丸の内のイルミネーションの点灯期間は??

丸の内イルミネーション2015は、沿道の街路樹240本が、丸の内オリジナルのシャンパンゴールドカラーのLED電球約106万球で彩られます。

そのうち約33万球は、通常のLED電球よりもさらにエコ仕様のもの(消費電力が約30%カット)で、明るさはそのまという、「NEWエコイルミネーション」を導入しており、さらに環境に優しくなっています。

a0002_004705
開催日時は、2015年11月12日(木)から2016年2月14日(日)までの17:00から23:00(予定)です。

なお、12月は、24:00まで点灯の予定で、東京ビルTOKIAは、11月11日(水)より先行点灯となっています。

丸の内のイルミネーションの場所は?

丸の内イルミネーション2015の場所は、有楽町から大手町までの丸の内仲通りを中心としたエリアです。

主催されるのは、丸の内イルミネーション実行委員会(東京都、千代田区、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会)です。

スポンサードリンク

a0002_004706

イルミネーションが行われる丸の内仲通りは、1960年代から一体的な整備が進められ、日本を代表するビジネス街に相応しい、幅員21mの整然とした街路となりました。

2002年の改修によって、歩道が7mに広げられ、緑豊かな石畳の「人が中心の空間」へと転換しました。

かつて金融店舗などが主だった「通過する道路」が、多彩な店舗で賑わう「快適な交流空間」へと進化して、オフィス就業者23万人と来街者の憩いの場として、様々なイベントのステージとなっています。

丸の内のイルミネーションの見どころは?

丸の内イルミネーション2015では、次のようなイベントが予定されています。

■「Marunouchi Christmas Market」(丸の内仲通り)

12月1日(火)~12月27日(日)

クリスマス近くになると、ドイツでは、街中に、クリスマスの飾り付けをしたかわいらしい屋台(ヒュッテ)が並んで、グリューワインやレープクーヘンが売られます。

起源は1434年にまで遡るといわれる、その伝統あるドイツのクリスマスマーケットが、この冬、丸の内仲通りに登場します。

■「Lighting Bench Art」(丸の内仲通り)

12/1(火)~12/27(日)

エリアの各所では、ユニークなライティング・ベンチアートが楽しめます。

まとめ

毎年行われる丸の内イルミネーションですが、今年はさらにエコモードでオフィス街を彩ります。

1.2キロメートルの光の通りをゆったり歩いて見ると楽しそうです。

スポンサードリンク

 - 観光