閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

尾岱沼ふれあいキャンプ場の潮干狩りの時期?施設?お薦め?

   

別海には、キャンプ場が2つあります。

尾岱沼エリアと別海市街地エリアにそれぞれあります。

尾岱沼ふれあいキャンプ場では、毎年、潮干狩りフェスティバルが開催されます。

前浜で、潮干狩りができます。

ここでは、天然の大あさりが採れます。

尾岱沼ふれあいキャンプ場の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

尾岱沼ふれあいキャンプ場の潮干狩りの時期?

今年も、「別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル」が開催されます。

通常は禁漁区域である「尾岱沼ふれあいキャンプ場」の前浜を、潮干狩りのために期間限定で開放するものです。

5月の連休から6月までの潮周りのよい土曜・日曜・祝日に開催しています。

ここでは、別海町の特産の天然の大きなあさりを採ることができます。

開催期間と時間は、以下のようになっています。

潮回りのより土日のみです。

実施月日 実施時間

4月29日(土) 10:30~12:30
4月30日(日) 11:00~13:00
5月 27日(土) 9:30~11:30
5月 28日(日) 10:30~12:30
6月 10日(土) 9:30~11:30
6月 11日(日) 10:00~12:00

料金は、大人300円、小人(小・中学生)200円、幼児(6歳以下)無料です。

遊漁料は、バケツ1杯1200円ですが、追加できます。

なお、尾岱沼へのアクセスは、車以外には難しいかもしれません。

http://betsukai-kanko.jp/whtsnew/h28shiohigari/

尾岱沼ふれあいキャンプ場の潮干狩りの施設?

尾岱沼ふれあいキャンプ場の潮干狩りの施設は、以下のようになっています。

トイレ:あり
更衣室:なし
休憩所:あり
コインロッカー:なし
温水シャワー:5分100円(7~21時コイン式)
レンタル用品:熊手100円。混雑時には「熊手待ち」が発生する場合があります。

スポンサードリンク

なお、じょれんの使用は、北海道漁業調整規則により禁止されています。

http://betsukai-kanko.jp/whtsnew/h28shiohigari/

尾岱沼ふれあいキャンプ場の潮干狩りのお薦め?

http://betsukai-kanko.jp/tokusanhin/t-asari/h29shiohigari/

尾岱沼潮干狩りフェスティバルに加えて、野付半島の先端、アラハマワンドで、あさり堀り体験をすることができます。

これは、観光船レインボー号で、野付半島の先端部にあるアラハマワンドまで行くものです。

掘る時間は約1時間で、完全予約制となっています。

日程表は、こちらから。

http://www.aurens.or.jp/~kankousen/taid.html

既定のバケツ一杯(約3kg)につき、遊漁料1,200円です。追加バケツも1,200円で購入できます。

熊手は、無料貸し出しもあります。

乗船料は、

大人   1,500円
団体大人 1,350円
小人   750円
団体小人 680円

http://www.aurens.or.jp/~kankousen/taid.html

まとめ

尾岱沼では、他の産地より大粒と人気のあさりが採れます。

ホタテ・ホッキ同様に大粒のあさりを、バケツいっぱいに持ち帰ってください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 潮干狩り