閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

行橋市海岸線の潮干狩りのシーズン?施設?アクセス?

   

スポンサードリンク

行橋市海岸線は、遠浅の海が美しく続く海岸です。

ここは、海水浴場です。

それだけでなく、潮干狩りが楽しめます。

それも、「まてほり」です。

まてがいの潮干狩りができます。

行橋市海岸線の潮干狩りの情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

行橋市海岸線の潮干狩りのシーズン?

http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2015042200019/

行橋市海岸線では、「まてほり」がメインです。

つまり、まてがいほりができます。

採れる貝の種類は、まてがいで、あさりはほとんど採れません。

あさりは、現在、育成事業が行われています。

期間は、2017年3月中旬から6月上旬くらいまでです。

「まてほり」は、蓑島海水浴場・長井浜海水浴場で可能です。

地元漁協の方が集金をしていますので、料金をお支払いください。

料金は、大人500円、小人(小学生以下)300円です。

http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2013110600242/

行橋市海岸線の潮干狩りの施設?

行橋市海岸線の蓑島海水浴場・長井浜海水浴場の施設は、以下のようになっています。

トイレ:あり
更衣室:なし
休憩所:なし
コインロッカー:なし
温水シャワー:なし
レンタル用品:なし

長井浜海水浴場は、こちら。

http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2015042200019/

蓑島海水浴場は、こちら。

http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2015042200019/

行橋市海岸線の潮干狩りのアクセス?

行橋市海岸線へのアクセスは、

電車であれば、

蓑島へは、JR行橋駅から、太陽交通バス蓑島線で15分です。

バス停は、蓑島で下車、徒歩すぐです。

長井浜へは、JR行橋駅から、太陽交通バス長井線で15分です。

バス停は、長井浜で下車、徒歩すぐです。

車の場合は、東九州道今川PA(スマートインター)から、県道25号経由で8km、15分です。

駐車場は、蓑島100台、長井浜150台、収容です。

まとめ

行橋市海岸線のまてほりは、4月から6月までが、主なシーズンです。

簡単に採れるので、親子連れのレジャーにも最適です。

スポンサードリンク

 - お出かけ, 潮干狩り