閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

東大和南公園の紅葉の見ごろ?見どころ?おすすめスポット?

      2015/11/14

東大和南公園は、米軍の大和基地跡地の一部を整備し開園した運動公園です。

園内には、東大和市の文化財である旧日立航空機立川工場変電所が残されています。

東大和南公園の紅葉の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

東大和南公園の紅葉の見ごろは?

東大和南公園には、120種、390本、13,600株の樹木の新緑と花と実、紅葉を鑑賞できます。

紅葉の見ごろは、11月上旬から12月上旬です。

主な植物は、コナラ、クヌギ、クロガネモチ、エゴノキなどです。

紅葉する樹木としては、コナラ、サクラ、ヤマモミジ、ハナミズキ、カツラです。

東大和南公園の紅葉の見どころは?

東大和南公園では、コナラなど雑木林の黄色と、サクラ・ハナミズキなどの赤や黄色のコントラストが見ものです。

400メートルトラックを囲むように、カツラ、ハナミズキ、コナラ、ヤマモミジ、サクラなどが生い茂っており、これが全部紅葉した時がピークです。

a1180_011383

スポンサードリンク

園内の雑木林では、秋になると7種類のドングリがなり、遠足でやってくる小学生などが拾う姿を数多く見ることができます。

また、雑木林では、コゲラやシジュウカラのほかに、渡り鳥のツグミが見られます。

東大和南公園の紅葉のおすすめスポットは?

東大和南公園には、戦時中に空襲にあった建物が史跡保存されています。

緑豊かな公園内の一角に、異様な佇まいの建造物が残されています。名前は「旧日立航空機立川工場変電所」です。

公園の中で異彩を放っている、無骨なコンクリート製の、お世辞にもきれいとはいえない建物です。

建物には無数の穴が今も生々しく残っています。これは、工場地域への攻撃のためで、1945年2月17日、4月19日、4月24日と合計3回行われました。

外壁に残る傷跡は、小型戦闘機による機銃掃射による銃痕と、B-29爆撃機による爆弾が炸裂した際にできたものです。

外観は見るも無残に無数の穴があいていますが、この変電所は、1993年まで使用されていました。

貴重な太平洋戦争の生々しい傷跡が残る建物を訪ねて、戦争と平和について考えることができる場所です。

まとめ

東大和南公園は、雑木林を中心とした、黄色から茶色の紅葉がメインの公園です。

旧日立航空機立川工場変電所の建物の見学と合わせて、ゆったり過ごしてみるのもよい場所です。

スポンサードリンク

 - 観光