閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

北海道神宮の桜の見ごろ?見どころ?花見期間?

      2017/03/31

スポンサードリンク

北海道神宮は、札幌市にあります。

円山公園に隣接する大社です。

一年中参拝客が訪れます。

古くから北海道を代表する花見スポットです。

梅と桜を同時に見られるのが、特徴です。

北海道神宮の桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

北海道神宮の桜の見ごろ?

北海道神宮は、北海道の開拓の神を祀るために、明治政府によって建立されたものです。

その境内には、樹齢数百年を越えるハルニレの大木が見られます。

バードウォッチングのメッカでもあります。

http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0000501.aspx

例年の桜の見ごろは、4月末から5月上旬です。

桜の本数は、1400本です。

主な桜の種類は、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラに加え、北海道では珍しいシダレザクラ、表参道両脇の千鳥桜などです。

北海道神宮の桜の見どころ?

北海道神宮は、桜と梅という、春咲きの花が同時に咲く、貴重なお花見スポットです。

北海道神宮は、明治時代から、お花見スポットとして栄えてきました。

境内が桜の名所となるきっかけとなったのは、1875年(明治8年)に、初代開拓判官であった島義勇です。

島義勇の鎮魂のために、桜の木150本を集めて参道に植えました。

それが、北海道神宮の桜の歴史の始まりと言われています。

また、梅は、1925年(大正4年)に大正天皇のご即位を祝って、当時の北海道庁の有志が献植したのが始まりです。

梅の種類は、豊後梅、紅梅、オオミナトなど、250本です。

梅林の敷地だけでも、2200坪もあります。

北海道神宮の桜の花見期間?

北海道神宮は、境内の樹木保護のため、例年花見期間を設定しています。

例年の花見期間は、ゴールデンウィーク期間中です。

時間は、朝8時から20時までで、時間厳守となっています。

6万坪の境内に、40店の露店が出店します。

営業時間は、10時から20時です。

まとめ

北海道神宮は、明治時代より歴史を重ねてきたお花見の名所です。

春の訪れとともに、梅と桜がいっしょに咲くこの期間をぜひお楽しみください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光 ,