閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

神代植物公園の桜の見ごろ?見どころ?イベント?

      2017/03/11

神代植物公園は、武蔵野を代表する公園です。

調布、三鷹、吉祥寺のどの駅からバスに乗っても20-25分の距離です。

園内には、武蔵野の面影が残ります。

もともと東京都の街路樹などを育てるための苗圃でした。

四季を通じて、草木や花を楽しむことができます。

神代植物公園の桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

神代植物公園の桜の見ごろ?

神代植物公園には、約65種の桜が植えられています。

長い期間にわたって、花見を楽しめます。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=045&page=8

桜のほかにも、

・409品種5200株のバラが咲くばら園
・約260品種650本のツバキ
・13品種49本のフジ
・約114品種500株のボタン
・65品種970株のシャクヤク

のほか、うめ園には72品種180本のウメも咲きます。

例年の桜の見ごろは、3月中旬から5月中旬と長いのが特徴です。

主な桜の種類は、ソメイヨシノ、カンザキオオシマザクラ、ヤマザクラ、カンザン、スルガダイニオイ、ヤエベニシダレ、ジンダイアケボノです。

ジンダイアケボノは、ここだけで見られる品種でもあります。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=045&page=8

神代植物公園の桜の見どころ?

神代植物公園では、早咲きのカンヒザクラ、カンザキオオシマザクラ、築山のオオカンザクラなどから咲き始めます。

次に、シダレザクラやジンダイアケボノが順に咲いていきます。

スポンサードリンク

遅咲きのサトザクラまで、長きにわたって、花見を楽しむことができます。

園内には、約56種、750本の桜が植えられています。

もちろん、一番多く植えられている場所は、さくら園です。

他にも、芝生広場の西側や、ばら園入口のソメイヨシノの並木も見事です。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=045&page=8

桜といえばソメイヨシノを思い浮かべる方が多いでしょう。

神代植物公園には、オリジナルのサクラである「神代曙」(ジンダイアケボノ)があります。

ソメイヨシノよりも数日早く咲くこの桜で、花弁の先端がやや濃いピンク色なのが特徴です。

他にも様々な種類の桜がありますので、合わせて見比べてみてください。

神代植物公園の桜のイベント?

桜の開花期間中には、椿・さくらまつりが行われます。

期間は、平成29年3月14日(火)から 4月9日(日)です。

ただし、3月21日(火)はお休み、3月27日(月)・4月3日(月)は臨時開園日です。

コンサートをはじめ、講演会やガイドツアーなど、いろいろな催しが行われます。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=045&page=8

まとめ

神代植物公園では、早咲きから遅咲きまで、桜がそろっています。

3月から5月までという長期間にわたって、桜を楽しめるます。

草木・花の宝庫が、神代植物公園です。

ジンダイアケボノのチェックもお忘れなく!

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光 ,