閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

新宿御苑の桜の見ごろ?見どころ?イベント?

   

スポンサードリンク

新宿御苑は、東京都の誇るお花見スポットです。

そのルーツは、高遠藩内藤家の下屋敷に遡ります。

新宿御苑が誕生したのは明治39年(1906)です。

皇室の庭園として、造られました。

この季節は、広大な庭園に桜が咲き誇ります。

新宿御苑の桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

新宿御苑の桜の見ごろ?

新宿御苑は、1879年(明治12年)に新宿植物御苑となりました。

皇室庭園時代からの観桜会や観菊会の伝統を、現在まで受け継いでいます。

面積58万3000平方メートルという、広大な庭園となっています。

園内には、約65種約1100本の桜を楽しむことができます。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2017/02/post-742.html

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月下旬です。

植えられている桜の本数は、約1100本です。

桜の主な種類は、ソメイヨシノ、イチヨウ、ヤマザクラ、カンザンなどです。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/03/

シダレザクラもあります。

注意事項として、酒類持込禁止、遊具類使用禁止があります。

手荷物を確認されることもありますので、注意してください。

新宿御苑の桜の見どころ?

新宿御苑では、様々な桜が見られます。

注目したい桜の種類として、ヨウコウ(陽光)があります。

この桜は、愛媛県の桜栽培家・高岡正明氏によって作り出されたものです。

オオシマザクラとエドヒガンの交配種「アマギヨシノ(天城吉野)」に、カンヒザクラを交配して作られた栽培品種です。

世界の平和を願い「天地に恵みを与える太陽」という意味を持つ「陽光」と名付けられたという桜です。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2015/03/post-95.html

ヨウコウは、園内の桜園地や丸花壇など園内各所で見ることができます。

ぜひ、見つけてみてください。

新宿御苑の桜のイベント?

新宿御苑の桜の開花期間中には、新宿御苑フォトコンテスト入賞作品展が行われます。

写真を通じて、新宿御苑の魅力を発見するという、フォトコンテストです。

入賞作品が、インフォメーションセンター1階のアートギャラリーにて展示されます。

日時: 2017年3月14日 9:00~16:30
会場: 新宿インフォメーションセンター1階
    アートギャラリー(入館無料)

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2017/02/post-742.html

まとめ

四季折々の魅力を楽しめるのが、新宿御苑の魅力です。

今の季節は、珍しい品種も含めて、いろいろな桜を見ることができます。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光 ,