閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

東京ミッドタウンの桜の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

   

スポンサードリンク

東京ミッドタウンは、10周年を迎えます。

六本木エリアの中でも、このエリアには、古くから桜が植えられています。

桜の寿命を考えた、継承プロジェクトも行われています。

取り木や接ぎ木をして育てた苗木を残すものです。

東京ミッドタウンならではの、新しいお花見スタイルが提案されています。

東京ミッドタウンの桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

東京ミッドタウンの桜の見ごろ?

東京ミッドタウンの桜は、旧防衛庁時代にさかのぼります。

48本のソメイヨシノは、旧防衛庁時代からこの地に植えられていました。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/blossom/index.html

全部で8種類、計約150本あります。

東京ミッドタウンに植えられている桜の種類と、見ごろは以下のとおりです。

ソメイヨシノ: 4月上旬
オオシマザクラ: 4月上旬
ウスゲヤマザクラ: 4月上旬
センダイシダレ: 4月上~中旬
ヤマザクラ: 4月上~中旬
オオヤマザクラ: 4月中旬
ヤエベニシダレ: 4月中旬
カンザン: 4月下旬

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/blossom/sakuramessage.html

東京ミッドタウンの桜の見どころ?

MIDTOWN BLOSSOMが、2017年3月17日(金)から4月16日(日)まで行われます。

桜や食、アートを通じ、桜や新芽、才能の息吹を感じる、さまざまなイベントが実施されます。

東京ミッドタウンのさくら通りは、アクセスのよい都心で満開の桜を楽しめます。

毎年、人気のスポットです。

また、東京ミッドタウン内の一部のレストランも、絶好の花見席です。

テラス席や窓越しに、お花見ができる席が用意されています。

東京ミッドタウンの桜のライトアップ?

東京ミッドタウンでは、桜の開花期間中に、ライトアップが行われます。

開花状況に合わせて、桜のライトアップを行います。

期間は、2017年3月18日(金)から4月17日(日)までです。

時間は、17時から23時です。

場所は、ミッドタウン・ガーデン さくら通り沿い、ガーデンテラス前です。

約200mのさくら通りが、幻想的な空間に変わります。

http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/blossom/lightup.html

桜の木のライトアップにより、見頃を迎える桜を幻想的な夜桜で楽しめます。

桜の開花前はピンク色、桜の開花後は白色のライトで桜の木を照らします。

まるでひと足先に桜が咲いているかのような演出が施されています。

幻想的な夜桜を、毎晩お楽しみいただけます。

まとめ

東京ミッドタウンの桜は、満開の時期だけではありません。

夜のライトアップにより、開花期間中には、表情の違う桜を楽しむことができます。

今年は、10周年を記念したイベントも行われます。

「JAPAN, THE BEAUTIFUL」をテーマに、富士山のモニュメントが芝生広場に登場します。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光 ,