閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

武蔵野公園の紅葉の見ごろは?見どころ?おすすめスポット?

      2015/11/07

武蔵野公園は、川に沿って残る草原や雑木林を配した、野趣に富んだ公園です。

東京都の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃をもっており、散歩しながら木々の育成の様子を観察することができます。

武蔵野公園の紅葉情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

武蔵野公園の紅葉の見ごろは?

武蔵野の苗圃では、ハナミズキ、モミジなど、約80種、6900株の樹木を育てています。

苗圃は、樹木の生長についての調査・研究・試験の場でもあり、公園や道路で工事が行われるときの樹木の一時預かり所でもあります。

園内で見られる主な植物は、ヤマザクラ、クヌギ、シラカシ、コナラ、ソメイヨシノ、サトザクラなどです。

紅葉のメインとなるのは、モミジで、1,250本あります。

紅葉の見ごろは、11月中旬から12月上旬です。

武蔵野公園の紅葉の見どころは?

武蔵野公園の中央部にある苗圃(びょうほ)の北側には、野川河岸に沿ってモミジが並木のようになっています。

スポンサードリンク

ここでは、モミジの木が野川河岸の散策路を覆うように枝を広げているため、下から見上げると、光でモミジが透けて美しく見えます。

苗圃の中では、さまざまな樹木の紅葉を楽しめますが、その中でも、通路に沿って立つイチョウとトウカエデがメインです。

さらに、バーベキュー場横にもイチョウの木があって、高く育ったイチョウを見上げる位置があります。

武蔵野公園の紅葉のおすすめスポットは?

武蔵野公園内には、野川が流れており、たくさんの魚や生き物によい環境を与えています。

一部分は親水護岸となっていて、水遊びを楽しめるようになっています。

また、野川の両岸には、バーベキュー広場や、第一調節池にある「どじょう池」という名称のビオトープなど、憩いの場となっています。

まとめ

秋の武蔵野公園は、野川河岸のモミジが見事で、苗圃の中のさまざまな落葉樹も秋の色彩を楽しめる場所です。

武蔵野公園の東側には、都立野川公園が隣接していて、野川河岸の散策路を下流側に辿って行くと、野川公園に入って行けます。

スポンサードリンク

 - 観光