閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

京王百草園の梅の見ごろ?見どころ?イベント?

      2017/02/19

京王百草園(もぐさえん)は、梅の名所です。

多摩丘陵の一角にたたずむスポットです。

最寄りは、京王線百草園駅です。

京王百草園は、四季折々の草花が咲きます。

梅の名所としても、知られています。

京王百草園の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

京王百草園の梅の見ごろ?

京王百草園は、江戸時代の享保年間(1716年~1736年)に由来します。

小田原城主大久保候の室であった、寿昌院殿慈覚元長尼が、この地に松連寺を再建しました。

徳川家康の長男・岡崎三郎信康追悼のためです。

その後に、時代を経て作られたのが、京王百草園という、歴史ある庭園なのです。

http://www.keio-mogusaen.jp/news/6378

梅の花は、1月に咲き始める早咲きから、始まります。

3月中旬の遅咲きまで、2ヶ月間にわたって咲きます。

そのため、園内はいつでも梅の香りに包まれます。

長い期間楽しめるのが特徴の、梅の名所です。

梅の花は1月下旬から咲き始めます。

例年の梅の見ごろは、2月下旬から3月初旬にかけてが最盛期となります。

京王百草園の梅の見どころ?

京王百草園の梅の開花の季節には、約50種500本の梅が咲きほこります。

梅の種類としては、白加賀、未開紅、八重寒紅、淋子梅、おもいのままなどです。

園内には、有名な「寿昌梅(じゅしょうばい)」もあります。

この梅は、寿昌院自ら植樹したと伝えられています。

スポンサードリンク

また、園内の見晴台からは、付近の自然が楽しむことができます。

晴天であれば、新宿新都心、東京スカイツリー、そして、松連庵前広場からは筑波山も望めます。

http://www.keio-mogusaen.jp/news/6378

さらに、京王百草園は、江戸近郊の名所として「江戸名所図会」などにも紹介されてきました。

有名なところでは、徳冨蘆花、大田南畝、田山花袋、北村透谷、若山牧水といった著名人が訪れています。

特に、若山牧水は、この地で恋人小枝子との失恋を歌にして、「独り歌へる」をつくりました。

京王百草園の梅のイベント?

毎年梅が開花する2~3月には、梅まつりが開かれます。

開催期間は、2016年2月4日(土)から3月12日(日)です。

http://www.keio-mogusaen.jp/news/6378

梅まつりでは、お茶会やつるし雛まつりなど多彩なイベントが催されます。

つるし雛まつりは、2月18日(土)から3月5日(日)まで行われます。

葺屋根とセットで撮影できる、人気の梅「蓮久」も開花しています。

まとめ

京王百草園では、1月から早咲きの梅が咲き始めます。

1月から咲き誇る、梅の花を見に行ってみてください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光