閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

ノロウィルスの感染の症状?検査方法?治療法?

      2017/02/19

冬になると、流行するものがあります。

ノロウィルスもそのひとつです。

今年も、学校単位でノロウイルスの集団感染が発生しています。

毎日、どこかでニュースが流れています。

ノロウィルスに感染した場合の症状、検査方法、予防法は、どのようなものでしょうか。

それらについて、まとめてみましょう。

スポンサードリンク

ノロウィルスの感染の症状?

ノロウイルス感染症は、ウイルス性食中毒の代表とも呼ばれる感染症です。

その感染源となる食品の代表格は、貝、それも二枚貝です。

典型的なものは、貝のかきを食べて感染する場合です。

ノロウィルスの感染の症状は、どのようなものでしょうか?

ノロウイルスに感染すると、1日から2日の潜伏期間を経ます。

そして、感染症や食中毒を発症します。

ノロウイルス感染の初期症状としては、まず始めに、37度台から38度台の微熱が出始めます。

そして最大の特徴は、嘔吐の症状と腹痛の症状を、徐々に発症することです。

下痢や嘔吐がひどいわりには、38度を超える高熱になることが少ないのも、特徴です。

発熱、嘔吐、下痢は、ノロウイルス感染による代表的な症状です。

しかし、通常は2~3日程度で徐々に回復します。

重症化するようなケースは、ほとんどありません。

ノロウィルスの感染の検査方法?

ノロウィルス感染の症状を疑うと、最初にすべきことは何でしょうか。

まず、病院に行きます。

病院では、最初に問診を行います。

問診だけでノロウイルスに感染しているかどうかを診断することが多いです。

ノロウイルス感染を検査する方法は、もちろんあります。

しかし、保険適用が3歳未満と65歳以上の方に限定されています。

検査方法は、RT-PCR法とリアルタイムPCR法の2つが代表的なものです。

専門的になりますので、詳細はここでは触れません。

ただ、これを使っても、100%確実に判定できるものではありません。

スポンサードリンク

そこで、病院で検査をするのは、医学的に必要と判断した場合に限られています。

ノロウィルスの感染の治療法?

ノロウィルスの感染の治療法は、どのようなものでしょうか?

ノロウイルス感染症は、ウイルス性疾患です。

現在のところ、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤は存在しません。

したがって、予防接種もありません。

治療方法としては、自然治癒力に期待して、安静による回復を待つことになります。

また、ノロウイルス感染は、すべて経口感染(口からの感染)によるものです。

感染者の糞便や吐しゃ物などに触れたり、

空気中を漂っているウイルスを口から吸い込む、

飛沫感染によって、

感染します。

特に、感染した子どもの世話や看病をした人が、吐しゃ物に触れるなどによって、

二次感染するケースが多くみられます。

そこで、適切に処理して消毒を行うことが大切です。

ノロウィルスは、アルコールや高温に耐性があります。

さらに、乾燥や酸にも強いウィルスです。

ノロウイルスに適切に対処するには、

強力な除菌効果のある「次亜塩素酸水」でふき取ることが望ましいのです。

まとめ

ノロウイルス感染は、下痢だけでなく、激しい嘔吐を引き起こすのが、特徴です。

また、ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在します。

一度感染して完治したからといっても、新しい遺伝子型が発見されることもあります。

ノロウィルス感染の季節になったら、1次感染だけでなく、2次感染にも十分注意しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康, 生活, 病気