閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

ロタウイルスによる胃腸炎の症状?治療法?予防法?

      2017/02/19

毎年、冬になると、流行するものがあります。

その筆頭は、ノロウイルスですね。

ノロウイルスによる胃腸炎です。

このノロウイルスのピークを過ぎると、登場するものがあります。

それが、ロタウイルスです。

ロタウィルス感染の情報を、まとめてみましょう。

スポンサードリンク

ロタウイルスによる胃腸炎の症状?

毎年、ノロウイルスは11月から2月頃に流行します。

続いて、ロタウイルスは、1~4月に流行しています。

ノロウィルスの時期の終わり頃と重なって、ロタウィルスが流行するタイミングとなります。

ロタウイルスの症状は、ノロウイルスと同じく、おう吐や下痢、腹痛などです。

おう吐は、1日5~6回ほどの激しいもので、下痢が3日~8日続きます。

38度以上の高熱がでることもあります。

ノロウィルスの症状によく似ていますが、大きく異なるのが、感染する年齢です。

ノロウイルスは年齢に関係なく感染・発症します。

ロタウイルスが感染・発症しやすいのは、生後6ヶ月~2歳の乳幼児です。

また、5歳までには、ほぼ100%の小児が感染するといわれています。

ロタウイルスは大人にも感染します。

大人には免疫があるために、症状が出ない、あるいは発症しても軽い症状ですむことが多いのです。

ただし、症状がでなくてもウイルスは体内にいるので、要注意です。

そして、便とともにウィルスが排出されます。

ここで、知らないうちに子どもにうつしてしまう可能性があるのです。

ロタウイルス胃腸炎は、ノロウイルスよりも激しいおう吐や下痢の症状、発熱があります。

重症化する危険性があるので、特に周りの大人が注意をする必要があります。

ロタウイルスによる胃腸炎の治療法?

ロタウイルス胃腸炎の症状が見られたら、どうすればよいでしょうか。

現在のところ、ロタウイルスに効果のある薬は、ありません。

まず、おう吐、下痢、発熱が続くと脱水症状を起こします、

ここでは、水分補給をこまめにすることが第一です。

特に小さな子どもは脱水症状を起こしやすいので、注意が必要です。

おう吐、発熱が続く時には、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

ロタウイルスによる胃腸炎の予防法?

ロタウイルスによる胃腸炎の予防法は、どうすればよいでしょうか?

ロタウイルスは、ウイルスが口の中に入ることで感染する、経口感染が主な原因です。

スポンサードリンク

わずか10個程度のロタウイルスで感染してしまいます。

感染を防ぐには、帰宅後、食事前に、手洗いをきちんとすることが基本です。

特に、トイレの後、患者の下痢やおう吐物を処理した時は要注意です。

必ず、石けんでしっかりと手を洗いましょう。

下痢症状がでる前後の期間に、便の中からロタウイルスが検出されることがあります。

症状がおさまったからといって安心せずに、食事前やトイレ後の石けんでの手洗いをしっかり行いましょう。

衣類に患者のおう吐物が付着した時には、他の衣類とは分けて洗濯しましょう。

水洗いの後に、うすめた塩素系漂白剤で消毒しましょう。

衣類だけではなく、ドアノブやおもちゃなども、塩素系漂白剤でふき取りをしましょう。

塩素系漂白剤は、家庭用のものでよく、50~100倍に薄めて使用すれば大丈夫です。

消毒するものに応じて濃度を調整しますが、濃度が上がるほどよく洗い流す、あるいは、よくふき取ってください。

最後に、ロタウイルス胃腸炎予防には、ワクチンがあります。

日本でもロタウイルスワクチンが2011年から使えるようになりました。

生後6ヶ月までに2~3回接種する必要があります。

費用は、1回1万2000~1万5000円ほどです。

このワクチンによれば、ロタウイルス胃腸炎の重症化を、9割ほど減らすことができるとされています。

まとめ

冬には、かぜやインフルエンザの対策が必要です。

あわせて、ノロウイルス・ロタウィルスによる感染性胃腸炎や食中毒への対策が、必要です。

乳幼児が重症化する危険性もあるロタウィルスには、特に注意しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康, 生活, 病気