閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

国営武蔵丘陵森林公園の梅の見ごろ?見どころ?イベント?

      2017/02/19

スポンサードリンク

国営武蔵丘陵森林公園は、お花見スポットです。

ここは、日本で初めての国営公園です。

明治百年記念事業の一環として作られました。

最寄りは、東武東上線森林公園駅か、JR高崎線熊谷駅です。

早春から花フェスタが行われ、梅だけでなくいろいろな花を楽しめます。

国営武蔵丘陵森林公園の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

国営武蔵丘陵森林公園の梅の見ごろ?

国営武蔵丘陵森林公園の南口エリアには、梅林があります。

ここでは、梅約600本のほか、福寿草やスイセンなども楽しめます。

梅の花の例年の見ごろは、2月中旬から3月上旬です。

主な梅の種類は、紅梅、白梅など、約120品種です。

http://www.shinrinkoen.jp/hana-ikimono/ume.html

梅林全体としての最盛期は、例年2月下旬ごろです。

しかし、早咲きの紅梅は1月から、遅咲き品種は3月半ばまで開花します。

梅林内の寺沼付近、舗装された園路沿いのすぐ横あたりから、早咲きが咲き始めます。

国営武蔵丘陵森林公園の梅の見どころ?

国営武蔵丘陵森林公園では、1月下旬くらいから、約120品種、約600本の梅が咲き始めます。

続いて、福寿草が、2月下旬頃にピークになります。

次に、スイセンが咲き、3月下旬からは、園内全体で約1000本の桜が咲き、花見客で賑わいます。

梅以外の花の見ごろは、

福寿草(2月中旬~下旬)、スイセン(2月下旬~3月上旬)、桜(3月下旬~4月上旬)といった順番です。

梅の花が、早咲き・遅咲き、多品種と、長期間楽しめるのが、特徴です。

白・桃・紅色の梅と、足元の福寿草や花木の黄色という、色の重なりが魅力です。

国営武蔵丘陵森林公園の梅のイベント?

国営武蔵丘陵森林公園では、早春の花の季節に、お花見フェスタが開催されます。

開催期間は、2017年2月上旬から4月上旬です。

入園料は、大人(高校生以上)410円、シルバー(65歳以上)210円、小人(小・中学生)80円です。

http://www.shinrinkoen.jp/hana-ikimono/ume.html

まとめ

国営武蔵丘陵森林公園では、2月中旬から3月上旬にかけての梅をはじめとして、里山に早春を告げる花々が次々と咲いていきます。

そして、3月下旬~4月上旬には、園内全体でソメイヨシノを中心とした約1000本の桜が見頃をむかえます。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光