閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

西渓園の梅の見ごろ?見どころ?おすすめ?

      2017/02/20

スポンサードリンク

足利市には、梅の名所があります。

西渓園です。

せいけいえん、と読みます。

足利市の織姫山の西側斜面にある梅林です。

最寄りは、JR足利駅または、東武線足利市駅です。

西渓園の梅の情報を、まとめてみましょう。

スポンサードリンク

西渓園の梅の見ごろ?

足利は、繊維産業で栄えたところです。

そのため、かつては多くの女工さんがいました。

当時は、女子の定時制高校がありました。

その女子子弟教育のために、興国化学(現アキレス)の社長が、育英資金の財源として梅の実の販売を考えました。

http://www.ashikaga-kankou.jp/enjoy/seikeien

現在の梅の木は、1964年(昭和39年)ごろに植栽したのが、その始まりです。

梅の花の見頃は、例年2月下旬から3月中旬です。

西渓園の梅の見どころ?

西渓園は、梅の開花時期には、無料開放されます。

http://www.ashikaga-kankou.jp/enjoy/seikeien

約3haの広大に敷地に、1200本の白梅と紅梅が咲き誇る姿は、雄大です。

白梅と紅梅の割合は、7:3です。

両崖山ハイキングコースから見る梅林の眺めは、山並に雲がたなびく山水画の世界のようです。

西渓園へ行くには 足利市内の県道40号から、織姫山の西側の山間へ入っていきます。

足利工業高校か、足利第一中学校を目指して行くとわかりやすいです。

細い道が入り組んでいますので、少々わかりにくいかもしれません。

西渓園の梅のおすすめ?

http://cocowine.com/

西渓園は、織姫山の西斜面に位置しています。

おすすめは、足利県立自然公園ハイキングコースから行くルートです。

ハイキングの途中に立ち寄ってみるのにも、よい行程です。

なお、西渓園には専用駐車場はありません。

西宮神社裏手の駐車場か、さいこうふれあいセンター駐車場を、利用することができます。

また、近くには、ココ・ファーム・ワイナリーがあります。

1950年代に開墾されて以来、こちらのぶどうでは、化学肥料や除草剤を一切使っていません。

醸造場での醗酵も、天然の野生酵母や野生乳酸菌を中心とした、自家製ワインです。

2007年からは、100%日本のぶどうから、ワインをつくっています。

まとめ

足利市には、梅の名所は少ないので、西渓園が唯一の梅の見どころといってもよいでしょう。

ハイキングのついでに梅の花を楽しめるスポットとして、貴重な梅林です。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光