閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

偕楽園の梅の見ごろ?見どころ?イベント?

      2017/02/20

水戸の偕楽園と言えば、知らない人はいないでしょう。

日本3大庭園のひとつです。

その歴史は、江戸時代にさかのぼります。

弘道館とともに、徳川斉昭によって創建されたものです。

梅の公園としての知名度は、全国一といえます。

偕楽園の梅の情報を、まとめてみましょう。

スポンサードリンク

偕楽園の梅の見ごろはいつ?

水戸の偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三公園の一つです。

1842年(天保13年)に、水戸藩第9代藩主の徳川斉昭によって、造園されました。

偕楽園の名前は、中国の古典「孟子」の一節から、名づけられました。

民と偕(とも)に楽しむ場にしたいという願いから、名付けられたものです。

偕楽園の梅の例年の見ごろは、2月下旬から3月中旬です。

偕楽園の梅の見どころは?

偕楽園は、その敷地が約13haという、広大な庭園です。

園内には、100品種を超える、総数3,000本の梅が植えられています。

http://www.mitokoumon.com/festival/ume.html

梅の名所としては、日本で最も知られています。

偕楽園で咲く梅の種類は、約100品種ですが、早咲きと遅咲きがあります。

早咲きでは、八重寒紅、冬至梅、烈公梅、

中咲きでは、月影、月宮殿、水心鏡、見驚(けんきょう)など、

スポンサードリンク

遅咲きでは、江南所無、白加賀、おもいのまま、黒田など、です。

偕楽園の梅のイベントは?

偕楽園の梅の季節には、第121回記念水戸の梅まつりが開催されます。

開催期間は、2017年2月18日(土)から3月31日(金)です。

会場は、偕楽園と弘道館です。

梅まつりでは、野点(のだて)茶会やひな流し、撮影会などのイベントが開催されます。

2月18日(土)には、梅まつり開幕記念品のプレゼントがあります。

偕楽園では、梅の品種が多いため、早咲きから遅咲きまで、長い期間にわたって楽しめるのが特徴です。

3月3日(金)から3月20日(月・祝)には、スペシャルイベントがあります。

ライトアップ「偕楽園 光の散歩道」です。

http://www.mitokoumon.com/festival/ume.html

この期間には、偕楽園の閉園時間を延長して、夜の梅を楽しめます。

http://www.mitokoumon.com/festival/ume.html

また、3月11日(土)には、今年で第12回目を迎える、「夜・梅・祭(よるうめまつり)2017」が開催されます。

この日には、数千個ものキャンドルが園内に設置され、夜の梅を浮かび上がらせます。

時間は、18:00~21:00です。

まとめ

水戸偕楽園は、梅では、日本一有名な庭園です。

様々な梅の種類を見比べながら、ライトアップも含めて、広大な庭園でのお花見を、ぜひ楽しんでください。

スポンサードリンク

 - お出かけ, , 花見, 観光