閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

すみだ水族館のイルミネーションの期間?見どころ?おすすめ?

      2016/12/30

すみだ水族館では、2016年11月8日(火)から、クラゲ展示ゾーンが登場しています。

写真家・映画監督の蜷川実花氏の作品で彩られた、美しい幻想的な展示です。

スポンサードリンク

すみだ水族館のイルミネーションの期間は?

すみだ水族館では、写真家・映画監督の蜷川実花氏とコラボレーションした、クラゲの展示をはじめました。

クラゲをテーマにした各種体験プログラムも開催しています。

開催期間: 2016年11月8日(火)から2017年3月14日(火)

ただし、チンアナゴツリーは、11月1日~12月25日までです。

すみだ水族館のイルミネーションの見どころは?

昨年、蜷川氏による演出を行った「クラゲ万華鏡トンネル」が、パワーアップしました。

今年は新たに、4メートル×1.5メートルの大型クラゲ水槽が加わり、計18個のクラゲ水槽で幻想的な展示を楽しめます。

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/10/03news_ninagawa.html

また、ショップには、チンアナゴやニシキアナゴのマスコットで装飾した、高さ3mの「チンアナゴツリー」も登場します。

すみだ水族館のクラゲ展示の水槽18個のすべてが、幻想的なコラボレーション空間となります。

約5,000枚の鏡で囲まれた「クラゲ万華鏡トンネル」や、幅約4メートルの大型クラゲ水槽など、見どころいっぱいです。

さらに、体験プログラムでは、クラゲの生態や特徴を楽しみながら学べます。

水族館ならではの科学的な視点から、クラゲの神秘に迫ります。

太古の時代より姿が変わらないとされる、クラゲについて学べるチャンスです。

すみだ水族館のイルミネーションのおすすめは?

●クラゲゾーン

大型水槽の圧倒的な美しさが必見のゾーンです。

まず、幅約4メートル、高さ約1.5メートルの大型のクラゲ水槽があります。

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/10/03news_ninagawa.html

さらに、8種類のさまざまなクラゲを展示したU字型水槽があるクラゲ展示ゾーンが、蜷川実花氏の映像作品と写真で彩られます。

スポンサードリンク

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/10/03news_ninagawa.html

展示期間: 2016年11月8日(火)から2017年3月14日(火)

展示時間: 終日開催

展示場所: 6F「クラゲ」ゾーン

展示生物: ミズクラゲ、タコクラゲ、カラージェリーフィッシュ、シロクラゲ、カブトクラゲ、アマクサクラゲ、アカクラゲ、ギヤマンクラゲ、エボシクラゲ など

●クラゲ万華鏡トンネル

壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれた、全長約50メートルのスロープです。

8つのクラゲ水槽と壁面に、蜷川実花氏の映像作品を投影します。

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/10/03news_ninagawa.html

トンネル内は、浮遊するクラゲと照明、アロマに加え、蜷川実花氏の作品で、常に表情を変えます。

クラゲとともに鏡の中の世界を漂っているような体験ができます。

また、昼と夜では投影する映像作品が変わり、違った雰囲気の空間を楽しむことができます。

展示期間: 2016年11月8日(火)から2017年3月14日(火)

展示時間: 終日開催(昼と夜で映像が変わります)

展示場所: クラゲ万華鏡トンネル

展示生物: ミズクラゲ カラージェリーフィッシュ など

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/10/03news_ninagawa.html

まとめ

クラゲゾーンのコラボレーション展示は、五感を刺激する幻想的な空間です。

すみだ水族館で始まるクラゲイベントで、美しく神秘的なクラゲたちの魅力に触れてみてください。

スポンサードリンク

 - 観光