閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

小樽雪あかりの路のイルミネーションの期間?見どころ?おすすめ?

      2016/12/24

「小樽雪あかりの路」は、今年、第19回目を迎えます。

今や冬の北海道を代表する風物詩に成長した、小樽雪あかりの路を訪れてみてください。

スポンサードリンク

小樽雪あかりの路のイルミネーションの期間は?

「小樽雪あかりの路」は、1998年2月に市民有志により始まりました。

伊藤整の『雪明りの路』にちなんで命名されました。

キャンドルの灯火が古い街並みを優しく照らす、幻想的なイベントです。

http://yukiakarinomichi.org/

期間: 2017年2月3日(金)から12日(日)

時間: 17時〜21時

場所: 小樽雪あかりの路、旧国鉄手宮線、朝里川温泉、天狗山など市内全域

小樽雪あかりの路のイルミネーションの見どころは?

夕暮れ時から、小樽のまちにあかりが灯され始めます。

そして、小樽は、21時まで、ローソクのあかりで埋め尽くされます。

http://yukiakarinomichi.org/

雪の中にゆらめく無数の灯りは、10日間、絶やされることはありません。

夕暮れ時から辺りが真っ暗になる時間になるまで、空の色や天候によって雰囲気をかもし出します。

そのため、訪れる人は、毎日違った表情を楽しめます。

小樽雪あかりの路のイルミネーションのおすすめは?

小樽雪あかりの路のイベントは、運河会場、手宮線会場をメーン会場に開催されます。

スポンサードリンク

運河の水面で瞬く古い漁具をモチーフにした浮き玉キャンドル、手宮線会場の柔らかな光がともるスノーキャンドル、オブジェなど、多くがボランティアの手作業によるものです。

http://yukiakarinomichi.org/

朝里川温泉会場や天狗山会場などの、あかりの路会場も人気があり、ろうそくの温かなあかりが来場者をもてなします。

http://yukiakarinomichi.org/

また、各会場を回ってのスタンプラリー、地上のホシサガシ9もあります。

雪あかりの路の期間中は、会場及び市内8カ所に設置されます。

「地上ノホシスタンプ」を見つけて、「プレゼント応募用スタンプ台紙」にスタンプを押して応募すると、抽選で、いろいろな賞品が当たります。

http://yukiakarinomichi.org/

開催期間: 2016年2月5日〜14日

スタンプ設置時間: 16:00〜21:00

スタンプ台紙設置場所: スタンプ用台紙は、「小樽雪あかりの路18 公式ガイドブック」に掲載してあります。

まとめ

冬の小樽の街歩きを楽しむ企画として、運河プラザでもイルミネーションが行われています。

小樽雪あかりの路が冬空に浮かぶ姿を見に行ってみませんか。

スポンサードリンク

 - 観光