閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

小金井公園の紅葉の見ごろ?見どころ?ライトアップ?

   

小金井公園は、玉川上水沿いに位置する、面積78ヘクタール、日比谷公園の4.8倍、上野公園の1.4倍という、広大な公園です。

この公園の前身は、小金井大緑地です。

戦後、東宮仮御所に使用され、1954年(昭和29年)に都市公園として開園されました。

小金井公園の紅葉情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

小金井公園の紅葉の見ごろ?

小金井公園は、都内では数少ない雑木林を主とした公園です。

紅葉の見ごろは、11月の中旬から下旬です。

コナラ、クヌギ、アカマツなどで構成された雑木林が、16ヘクタールの広さに及んでいます。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

現在、この雑木林の大部分を「バードサンクチュアリ」としており、バードウォッチングを楽しむことができます。

雑木林を中心に、四季を通じて、シジュウカラ、コゲラ、コジュケイ、カワラヒワ、イカル、ジョウビタキなど40種類以上の野鳥が飛来します。

小金井公園の紅葉の見どころ?

小金井公園の主な植物は、サクラ、ウメ、ハナミズキ、コブシ、ツツジ、ハクウンボク、キンモクセイ、クヌギ、コナラ、ミズキ、ケヤキ、ユリノキ、トチノキ、ムクノキ、エノキ、シラカシなどです。

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

このうち、紅葉する樹木は、イロハモミジ、イチョウなどです。

スポンサードリンク
https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

https://www.tokyo-park.or.jp/search/dyn/now_list.php?base_name=050&page=10

250本のイチョウ、3000本のケヤキをはじめ、モミジなどの落葉樹が多いので、落ち葉のじゅうたんを踏んで歩くことができます。

小金井公園の紅葉のライトアップ?

小金井公園の敷地には、文化的価値の高い歴史的建造物を移築した野外博物館「江戸東京たてもの園(有料)」があります。

敷地面積は約7ヘクタールで、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物が建ち並んでいます。

江戸東京たてもの園では、以下のスケジュールで、夜間特別開園が行われ、ライトアップがあります。

<紅葉とたてもののライトアップ>

11月25日(金)・26日(土)・27日(日)
16:30~20:00 ※開園は9:30から、入園は19:30まで

普段は見られない、夜のたてもの園をゆっくりと楽しむことができます。

http://tatemonoen.jp/event/info/2013/11.html

http://tatemonoen.jp/event/info/2013/11.html

期間中には、以下のイベントもあります。

<伝統工芸の実演>

和裁/日本刺繍
11月12日(土)・13日(日)
10:30~15:30

<ミュージアムトーク>

学芸員による園内の解説案内
11月26日(土)
14:30~

まとめ

小金井公園は、広大な敷地に見どころがいっぱいあります。

また、江戸東京たてもの園のライトアップ関連のイベントもたくさんです。

武蔵野の面影を留める風景を見に行ってください。

スポンサードリンク

 - 観光