閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

旧古河庭園の紅葉の見ごろ?見どころ?バラも見る?

      2016/09/27

旧古川庭園は、陸奥宗光の邸宅があった場所に、古河家三代目の虎之助が、現在の日本庭園と洋館を造ったものです。

武蔵野台地の地形を活かして、北側の小高い丘に洋館を建てています。

斜面には洋風庭園、低地には日本庭園と、特徴のある配置となっています。

広大な庭園とはイメージが違いますが、和洋両方の雰囲気を楽しめる紅葉スポットです。

スポンサードリンク

旧古川庭園の紅葉の見ごろ?

旧古川庭園の紅葉の見ごろは、11月中旬から12月上旬です。

こちらの庭園は、台地地形の斜面を巧みに活かした立地にあります。

洋風庭園と日本庭園という、趣の異なる2つの庭園が同居しています。

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index034.html

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index034.html

洋風庭園は、春から初夏のバラの名所として知られていますが、日本庭園は、もちろん秋の紅葉で有名です。

旧古川庭園の紅葉の見どころ?

旧古川庭園で紅葉する樹木は、ハゼ、カエデ、モミジ、イチョウなどです。

日本庭園での見どころとしては、庭園の大滝や心字池の周辺にある、ハゼやカエデ、モミジの紅葉です。

日本庭園と真っ赤な紅葉というのは、やはり王道の美しさがあり、水面に映る紅葉も鮮やかです。

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/view034.html

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/view034.html

池の周りを歩きますので、池の辺から見る景色ももちろん美しいのですが、特長は、台地地形です。

ちょっと斜面の林を入った小道から、池の方を見下ろすように眺める景色もおすすめです。

また、庭園の中心あたりに展望台があり、ここから眺める日本庭園もすばらしい景色です。

さらに、カエデなどの紅葉だけでなく、ハゼノキなどの他の落葉樹も美しく紅葉します。

一方、洋風庭園の方には、モミジ・カエデはあまりありません。

こちらには、洋館の横の芝生の広場の脇にイチョウの木があります。

スポンサードリンク
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/view034.html

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/view034.html

イチョウの木があるところは、黄色の落葉がしきつめられた絨毯のようになり、美しいものです。

紅葉の時期には、「庭さんぽ~センター長と歩こう~」が開催されます。

秋バラの見頃の時期に合わせてサービスセンター長による園内のガイドを行います。

日時: 平成28年11月4日(金)①10時から ②14時から(各回60分程度)※荒天中止

旧古川庭園の紅葉といっしょにバラも見る?

旧古川庭園は、春と秋の2シーズンにわたり、バラが咲きほこることでも有名なスポットです。

では、春バラの見ごろは5月中旬から6月上旬、秋バラの見ごろは?というと、10月中旬から11月下旬です。

ということは、バラと紅葉が重なる時期があるのです。

a0726_000040

現在のバラ園には、プリンセスマサコ等の品種が植えられています。

春のイベント期間前半には、日没後に春バラと洋館のライトアップが行われるのですが、秋にはありません。

秋バラの開花期には、「バラの育て方講座」が開催されます。

実際に管理の手法を見ながら、バラについての知識を深めていただく「バラの育て方講座」を、技能職員による解説でお楽しみください。

日時:平成28年11月5日(土)、平成29年1月28日(土)14時~15時30分 

まとめ

春のバラと秋の紅葉と見どころいっぱいの旧古川庭園ですが、できれば両方一度に見てみたいものですね。

a0027_000875

また、旧古川庭園は、六義園にも近いので、六義園から徒歩で訪れる場合には、JR駒込駅前を通る大通り(本郷通り)を北へ進むと、20分ほどで着く距離にあります。

スポンサードリンク

 - 観光