閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

有栖川宮記念公園の紅葉の見ごろは?見どころ?おすすめは?

      2015/10/11

有栖川宮記念公園の地は、江戸時代、盛岡南部藩の下屋敷として使われ、その後、宮様の御用地となりました。

故有栖川宮威仁親王の20年のご命日にあたる昭和9年(1934年)に、東京市に賜与され、記念公園として一般開放されたものです。

土地柄、外国人も多く散策している有栖川宮記念公園の紅葉情報をまとめてみます。

スポンサードリンク

有栖川宮記念公園の紅葉の見ごろは?

有栖川宮記念公園の紅葉の見ごろは、11月中旬から12月中旬くらいまでです。

丘や渓流、滝、池など、変化に富んだ景観が見られる日本庭園が広がっていますので、紅葉の季節でなくても、十分楽しめる公園になっています。

公園内には、ウメやスイレン、ハナミズキなどをはじめとする四季折々の花が多く植えられており、秋の紅葉も含めて楽しめます。

有栖川宮記念公園の紅葉の見どころは?

敷地面積約6万7000平方mを誇る有栖川宮記念公園は、都内有数の公園で、緑豊かな回遊式庭園は、丘の斜面を利用して造られています。

麻布台地の変化にとんだ地形を生かして、園内は起伏に富んでおり、東側の高台から西南側の低地に向けて、大きく傾斜した地形になっています。

主な紅葉樹木は、モミジ、ケヤキ、イチョウ、エノキなどです。

紅葉の季節には、モミジが真っ赤に染まり、イチョウの黄色い絨毯が美しいエリアです。

公園内には、大小2つの滝があり、そこからから流れる水は、公園西側に位置する池に流れ込んでいます。公園の北東側から流れる湧水が渓流となって、傾斜地を下って池に注いでいる感じです。

スポンサードリンク

池端には2つの中島と石灯籠が配置され、日本古来の林泉式の修景による、自然趣味の庭園となっています。

また、渓流には、太鼓橋など趣を異にするいくつもの橋が架かっており、庭木が美しく整備されているのも特徴です。

有栖川宮記念公園の紅葉でおすすめは?

有栖川宮記念公園の紅葉そのものではないのですが、公園の東側の高台には、東京都立中央図書館が併設されています。

都立中央図書館は、都会のセカンドオフィスと言われ、浮世絵・江戸城建築図面といった貴重資料をはじめとして、近代以降に刊行された170万冊もの貴重かつ豊富な資料があります。

35万冊の開架図書、900席の静かな閲覧席を備えており、無線LANやオンラインデータベース、専門の司書のサービスと、身近な相談室としても充実していますが、おすすめは、5階のカフェテリアです。

ここでは、紅葉を見た後に、六本木ヒルズや東京タワーの夜景を眺めなが、らゆったりと過ごすことができます。

開館時間: [月-金] 10:00~21:00
      [土日祝休日] 10:00~17:30

まとめ

有栖川宮記念公園は、行ってみると、都会のど真ん中にこんなに落ち着いた公園があることにびっくりします。

日比谷線広尾駅から歩いてすぐの距離で、麻布十番駅からも十分徒歩圏です。

大使館が多いエリアなので外国人も多く、混雑も気にしなくてよいという紅葉スポットです。

スポンサードリンク

 - 観光