閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

明治神宮外苑の紅葉の見ごろは?見どころ?ライトアップは?

      2015/10/09

明治神宮外苑は、明治天皇と昭憲皇太后のご遺徳を後世に伝えるために、
旧青山練兵場跡に造成され、1926年10月に、明治神宮に奉献されました。

季節を問わず散策コースとなっているこのエリアのポイントをまとめてみましょう。

スポンサードリンク

明治神宮外苑の紅葉の見ごろは?

明治神宮外苑の紅葉といえば、なんといってもイチョウ並木です。

例年の色づき始めは、11月中旬です。

見ごろとしては、11月下旬から12月上旬です。

イチョウがメインですので、紅葉というより黄葉ですね。

明治神宮外苑の紅葉の見どころは?

明治神宮外苑で紅葉する木の種類は、イチョウ、サクラ、ケヤキです。

しかし、圧倒的なスケールで目に飛びこんでくるのは、イチョウです。

青山通りから聖徳記念絵画館に向かい、300mに渡って続く、イチョウ並木は、黄金ロードと呼ばれます。

d4653425a38578ab18b8c7d12a085c97_s

黄金色に染まった146本のイチョウが、通りの両側を囲んでトンネルとなっています。

スポンサードリンク

よく絵画のような美しさと言われるのは、イチョウの木が、青山通り口から遠近感をもって樹高の高い順に植えられており、奥の聖徳記念絵画館と相まって、絵画のように見えるからです。

また、イベントとしては、今年も、いちょう祭りが開催されます。

第19回神宮外苑いちょう祭りは、

2015年11月14日~12月6日 10:00~16:30
   11月21日~11月23日は18:00まで

会場 外苑いちょう並木噴水池周辺
内容: 物産品や陶器の販売、模擬店の出店

となっています。

明治神宮外苑の紅葉のライトアップは?

明治神宮外苑のイチョウ並木は、ライトアップされるのでしょうか。

実は、残念ながら、イチョウの木そのものはライトアップされていません。

その代わり、聖徳記念絵画館がライトアップされますので、その光を受けて輝くイチョウを楽しんで下さい。

まとめ

明治神宮外苑といえば、イチョウ並木ですが、イチョウの紅葉の季節は、1年で最も美しい季節です。

ぜひ、この時期に、黄金ロードを楽しんで下さい。

86ee45369dd4aee3f4e9706e70b3c188_s

イチョウ並木は見上げて見るだけでなく、黄金のじゅうたんとしても楽しめます。

スポンサードリンク

 - 観光