閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

日川浜海岸の潮干狩りのシーズンは?施設は?アクセスは?

      2016/05/18

茨城県の大洗町から神栖市までの鹿島灘海岸は、「鹿島灘はまぐり」など二枚貝の産地です。

潮干狩りの季節になると、毎年多くの人で賑わいます。

スポンサードリンク

日川浜海岸の潮干狩りのシーズンは?

神栖市では、日川浜海水浴場と波崎海水浴場付近で、潮干狩りを楽しむことができます。

こちらで採れる貝の種類は、もちろん、ハマグリです。

ただ、自然発生しているハマグリのため、資源が年々減少しています。

http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/1822.htm

http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/1822.htm

潮干狩りの期間としては、2016年5月上旬から8月上旬くらいです。

日川浜海岸の潮干狩りの施設は?

日川浜海岸の施設は、以下のようになっています。

トイレ:あり
更衣室:なし
休憩所:なし
コインロッカー:なし
温水シャワー:なし
レンタル用品:なし

スポンサードリンク
http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/1822.htm

http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/1822.htm

こちらの潮干狩りに関しては、注意事項があります。

まず、貝の採取は、1人あたり1日1キログラムまでです。

また、3センチメートル以下の鹿島灘はまぐり、こたまがいは採ってはいけません。

さらに、金網や網が付いた漁具の使用は禁止となっています。

使える道具は、次の条件をみたすものです。

・柄の長さは50センチメートル未満
・つめの長さは5センチメートル未満
・つめの幅は20センチメートル未満

日川浜海岸の潮干狩りのアクセスは?

日川浜海岸へのアクセスは、

電車の場合には、JR鹿島神宮駅から、関東鉄道バス海岸線銚子駅行きで1時間、バス停は浜松下車、徒歩15分です。

車であれば、東関東道潮来ICから、県道50号経由で、19km、30分です。

駐車場は、約600台収容です。

まとめ

日川浜海岸は、広い砂浜が特徴の海岸です。

波崎海水浴場と並ぶ、潮干狩り場となっています。

スポンサードリンク

 - お出かけ