閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

モエレ沼公園の桜の見ごろは?見どころは?イベントは?

      2016/05/01

モエレ沼公園は、世界的な彫刻家、イサム・ノグチが基本設計した施設です。

5月には、園内に植えられている桜が見頃を迎えます。

スポンサードリンク

モエレ沼公園の桜の見ごろは?

モエレ沼公園は、札幌市の市街地を公園や緑地の帯で包み込む「環状グリーンベルト構想」の拠点公園として計画されたものです。

1982年(昭和57)年に着工して、2005年(平成17)年に、グランドオープンしました。

基本設計は、世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけています。

http://moerenumapark.jp/20150428sakura/

http://moerenumapark.jp/20150428sakura/

春には桜が咲き、例年の見ごろは、5月上旬から中旬です。

桜の本数は、約2300本です。

主な桜の種類は、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、カスミザクラ、ミネザクラ、ヤエザクラなどです。

モエレ沼公園の桜の見どころは?

モエレ沼公園は、面積189万平方mと東京ドーム40個分の広さを誇り、幾何学形態を多用した山や噴水、遊具などの施設が配置されています。

ここでは、自然とアートが融合した美しい景観を楽しむことができます。

太陽の光に輝くガラスピラミッドや、丘の稜線を走る白い道など、そのひとつひとつが大地を彫りだした彫刻作品のようです。

イサム・ノグチの資料が閲覧できるギャラリーや、屋上展望回廊のほか、道産の新鮮な食材を使ったフレンチが味わえるレストランもあります。

モエレ沼公園の桜の季節のおすすめスポットは、約2,300本のサクラが植樹されているサクラの森です。

ここは、桜に囲まれた、子どもたちの冒険場です。

スポンサードリンク
http://moerenumapark.jp/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC-5/

http://moerenumapark.jp/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC-5/

「大人の世界ではなく、背丈90cmの人間が走り回る世界です。僕が創造したものを子どもに発見してもらいたい。原始、人がそうしたように子どもにも直接向き合ってもらいたいのです。」
というのが、イサム・ノグチのメッセージです。

その中に、隠されるように7つの遊具エリアがあり、設置してある遊具はすべて、イサム・ノグチがデザインしたものです。

森の中のカラフルな遊具は126基もあり、子どもたちの色彩や空間、形に対する感覚を刺激するデザインとなっています。

目に見えるものすべてを遊びにすることができる子どもたちが、冒険心や好奇心を持ってチャレンジできる世界が広がっています。

モエレ沼公園の桜のイベントは?

例年大人気のサクラツアーが、今年も開催されます。

モエレ沼公園の樹木管理サポーターの方々が、公園内のサクラの森を案内してくれます。

http://moerenumapark.jp/0501-%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%81%AE%E9%96%8B%E8%8A%B1%E6%83%85%E5%A0%B1/

http://moerenumapark.jp/0501-%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%81%AE%E9%96%8B%E8%8A%B1%E6%83%85%E5%A0%B1/

開催日は、2016年5月7日[土]です。

開催時間は、9:30-11:00です。

会場は、サクラの森で、集合場所は、ガラスのピラミッド正面玄関となっています。

まとめ

モエレ沼公園は、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもとに造られました。

壮大な作品の中で、お花見を楽しんでください。

スポンサードリンク

 - 観光