閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

奥多摩湖の桜の見ごろは?おすすめは?イベントは?

      2016/04/06

奥多摩湖は、都民の飲料水貯水池です。

多摩川をせき止めて、1957年(昭和32年)に完成した人造湖です。

奥多摩湖の桜情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

奥多摩湖の桜の見ごろは?

奥多摩湖では、ダムサイトから、大麦代展望台にかけて、桜が咲いていきます。

例年の桜の見ごろは、4月中旬から5月初旬までです。

http://www.okutama.gr.jp/real-time/real.htm

http://www.okutama.gr.jp/real-time/real.htm

桜の本数は、4000本、主な種類は、ソメイヨシノ、ヤマザクラです。

湖畔では、歴史を今に伝える史跡や、懐かしいたたずまいを残す家並みにも、触れることができます。

また、奥多摩湖を歩いて渡ることができる、浮き橋もあります。

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

別名「ドラムカン橋」と言われ、湖面に吹く風を感じながらの桜見物もよいかもしれません。

奥多摩湖の桜のおすすめは?

奥多摩湖の南側には、川野から檜原村数馬に通じる奥多摩周遊道路が走っています。

また、ダムから奥多摩駅までのハイキングコース・奥多摩むかし道もあります。

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

なんといってもおすすめは、ハイキングです。

スポンサードリンク

次の5つのコースがあります。

<ふれあい森林浴コース>

40分~2時間コースで、JR奥多摩駅を起点に、日原川、多摩川沿いと歩きます。自然と町中を交互に歩くコースです。

<見はらしの丘>

1~2時間コースで、奥多摩湖を眺めながら散策できるコースです。

<大多摩ウォーキングトレイル>

約3時間半のコースで、寸庭橋、奇岩怪石を見られる鳩ノ巣渓谷、神秘的な白丸ダムと、変化に富んだショートトレイルです。

<奥多摩むかしみち>

約4時間のコースで、JR奥多摩駅から旧青梅街道をたどるハイキングコースです。

奥多摩の歴史や郷土芸能などを展示する水と緑のふれあい館にも立ち寄れますが、片道が約10kmあり、片道はバスを利用する必要があります。

<奥多摩湖いこいの路>

4時間コースで、奥多摩湖の湖畔に沿って散策できるコースです。全長12kmのロングハイクを楽しめます。

ただし、開放期間は、4月第2週の金曜日から11月末までです。

奥多摩湖の桜のイベントは?

奥多摩湖では、桜の季節に次のようなイベントがあります。

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

http://www.okutama.gr.jp/spot.php

<山のふるさと村 春祭り>

平成28年4月16日(土)・4月17日(日)に行われます。

場所は、山のふるさと村で、入場無料です。

<奥多摩セラピーウォーク>

平成28年4月29日(金)に、JR奥多摩駅前集合で行われます。

参加費は500円です。

まとめ

奥多摩湖は、桜、新緑、紅葉、そして冬景色と、四季折々に、美しく華やかに変化していきます。

ダムサイトから大麦代展望台にかけて咲き誇る、ソメイヨシノやヤマザクラを、ぜひ見に行ってください。

スポンサードリンク

 - 観光