閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

洗足池公園の桜の見ごろは?見どころは?おすすめは?

   

東急池上線洗足池駅を出て、中原街道を横断すると、そこが洗足池公園です。

この季節は、お花見客でにぎわいます。

スポンサードリンク

洗足池公園の桜の見ごろは?

洗足池は、東京都大田区南千束にあり、北千束の清水窪湧水などを主な水源とする、都内屈指の広さを有する淡水池です。

江戸時代に、歌川広重の名所江戸百景「千束の池袈裟懸松」にも描かれた、水辺の景観の面影が今も残っています。

春は桜、秋には紅葉でにぎわいます。

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

a0001_011117

桜の本数は250本で、主な種類はソメイヨシノです。

花見の時期には、露店も多く出店します。

洗足池公園の桜の見どころは?

洗足池は湧水池で、流れ込む川はありませんが、付近には大小の湧水が多くあって、用水路を通して池に流れ込んでいます。

洗足池を含む一帯は大田区立洗足池公園となっていて、池月橋、水生植物園やボート乗り場があります。

洗足池公園は、池の周りに桜が植えられているので、ボートに乗って、池の真ん中から周りの桜を鑑賞するのがおすすめです。

a0001_011145

スポンサードリンク

ボート乗り場では、サイクルボート(大人2人+幼児1人/30分600円)や、スワンボート(大人3人または大人2人+子供2人/30分800円)、ローボート(大人3人/30分400円)をレンタルすることができます。

発券時間は、9時30分から16時30分となっています。

洗足池公園の桜のおすすめは?

洗足池の南東、池上線の南側に位置するところに、「小池」と呼ばれるもう1つの池があり、こちらも公園になっています。

また、以前は釣り堀であった場所は、水生植物園となっています。

ささやかなものではありますが、育成されている植物は35種類もあります。

a0001_011155

史跡としては、勝海舟の墓があり、区史跡に指定されています。

かつて、池のほとりには、勝海舟晩年の邸宅「千束軒」があったのですが、戦災で焼失しました。

現在は、勝夫妻の墓だけがが残っています。

明治維新後に、池の風光明媚を愛した勝海舟が移住したところで、西郷隆盛もここを訪ねて勝と歓談したと言割れている場所です。

そのため、勝夫妻の墓の隣には、西郷隆盛留魂碑が建っています。

これは、西郷隆盛が西南の役に倒れた後に、当時の東京府南葛飾郡の浄光院境内に勝海舟が自費で建てたものとされます。

まとめ

洗足池公園は、公園内のバリアフリー化が計画されています。

周辺が住宅地で駐車場はありませんが、気軽に散策で桜を楽しめるスポットです。

スポンサードリンク

 - 観光