閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

水元公園の桜の見ごろは?見どころは?おすすめは?

   

水元公園は、小合溜に沿って造られた、都内で唯一の水郷公園です。

桜の季節には、花見客で賑わいます。

スポンサードリンク

水元公園の桜の見ごろは?

水元公園の周辺は、1975年(昭和50年)まで、都立江戸川水郷自然公園に指定されていました。

小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷の景観を作りだしています。

総面積は約93万平方メートルもあります。

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

http://www.tokyo-park.or.jp/now/041/detail.html?showID=18

http://www.tokyo-park.or.jp/now/041/detail.html?showID=18

桜の本数は、公園内は約660本、さくら堤は約700本です。

桜の主な種類は、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラです。

水元公園の桜の見どころは?

4月には、桜の点在する公園西側と、桜並木が続くさくら堤(葛飾区道)が見どころです。

http://www.tokyo-park.or.jp/special/cherry/#041

http://www.tokyo-park.or.jp/special/cherry/#041

公園沿いの遊歩道(桜土手)の4㎞にわたって、ソメイヨシノが咲きます。

スポンサードリンク

また公園内には、サトザクラ、ヤマザクラが咲きます。

水元公園の桜のおすすめは?

水元公園には、野外ステージ、少年キャンプ広場、冒険広場、バーベキュー広場、かわせみの里、集会場(涼亭)、ドッグランなどがあり、いろいろな利用ができます。

中でもおすすめは、バードウオッチングで、かわせみも生息しています。

http://www.tokyo-park.or.jp/now/041/detail.html?showID=18

http://www.tokyo-park.or.jp/now/041/detail.html?showID=18

公園の北西側奥「かわせみの里」周辺には、巣も多くあって、恰好の撮影のポイントになっています。

なお、「水元かわせみの里」というのは、水元小合溜水質浄化センターの愛称で、水元小合溜の水質を浄化して、かつて生息していた生きものを呼び戻すことを目的として開設された施設です。

まとめ

小合溜から引いた大小の水路が園内を走り、水郷景観をつくり出す、水元公園。

1年を通じて、草木や花を楽しめる公園ですが、この季節は、さくら堤をぜひ見に行ってください。

スポンサードリンク

 - 観光