閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

江戸川公園の桜の見ごろは?見どころは?おすすめは?

   

江戸川公園は、関口台地の南斜面の神田川沿いに広がる、東西に細長い公園です。

ソメイヨシノを中心とした桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

江戸川公園の桜の見ごろは?

江戸川公園は、関口台地の斜面に自生する雑木林と園路が特徴の公園でした。

1984年(昭和59年)に、神田川の拡幅工事が行われた際に、公園も改修されました。

この公園は、細長い公園で、川に沿って桜並木のトンネルが続いています。

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

桜の本数は、約150本、主な桜の種類は、ソメイヨシノです。

江戸川公園の桜の見どころは?

江戸川公園の周辺を流れる神田川は、江戸時代には御留川(おとめがわ)と呼ばれていました。

その後1965年(昭和40年)までは、江戸川と呼ばれており、1884年(明治17年)頃に、旧西江戸川町の大海原氏が自宅前の土手に桜の木を植えたそうです。

スポンサードリンク

最大数では、石切橋から大曲までの約500メートルの両岸に、ソメイヨシノなどの桜が241本ありました。

その後神田川の洪水が続いて、護岸工事が行われた関係で、桜の多くは切られてしまいました。

1983年(昭和58年)には、江戸川公園から上流の神田川沿いにかけて、新たに桜の木が植えられました。

江戸川公園の桜のおすすめは?

江戸川公園内の一番広い広場の右手の斜面には、空中遊歩道があります。

斜面の樹木をいためないように、浮かして造ってあるのが特徴です。

この空中遊歩道は、深い樹間を右へ左へと曲りながら、その一端のひとつが滑り台になって、広場に降りてくる仕掛けになっています。

まるで、浮橋のように見える遊歩道です。

深樹間をつづら折に登っていくと、最上部につながり、早稲田方面を見渡せるようになっています。

まとめ

江戸川公園の桜はソメイヨシノが中心で、種類はありませんが、遊歩道から散策すると、椿山荘から江戸川橋まで、神田川の風情が楽しむことができます。

スポンサードリンク

 - 観光