閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

隅田公園の桜の見ごろは?見どころは?イベントは?

      2016/03/14

隅田公園は、江戸時代に8代将軍・徳川吉宗が造った、桜の名所です。

隅田川の左岸と右岸を合わせた桜並木の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

隅田公園の桜の見ごろは?

隅田公園の桜は、8代将軍・徳川吉宗が桜を植えたのが始まりと言われています。

桜並木は、吾妻橋から桜橋まで、ほぼ1キロを遡る隅田川の両堤沿いに帯状に広がり、約1キロにわたって伸びています。

ここは、東京スカイツリーとのコラボレーションも楽しめるスポットです。

b2b412c1ce6bf2d91a3221848e1ea7e5_s

また、隅田川の屋形船に乗れば、両岸の桜並木を眺めることもできます。

例年の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

隅田公園の桜の見どころは?

隅田公園の左岸は墨田区側、右岸は台東区側となっています。

スポンサードリンク

「墨堤の桜」といわれるのは、左岸の方の並木です。

もともとは、徳川将軍吉宗が1717年(享保2年)に、堤防保護と風流を考えて桜を植えたのが始まりです。

文化年間といわれる1804~18年の間には、付近の村民の手でさらに桜が植えられました。

植えられている桜の本数は、左岸の墨田区側に343本、右岸の台東区側は約600本です。

主な桜の種類は、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、シダレザクラなどです。

隅田公園の桜のイベントは?

桜の開花期間中には、墨堤さくらまつりが開催されます。

開催期間は、2016年3月28日(月)から4月5日(火)です。

ただし、桜の開花状況によって、変更の場合があります。

さくらまつりは、隅田川の墨田区側で行われます。

川沿いには、地元の町内会の模擬店が並び、桜橋デッキスクェアでは、向島芸妓茶屋、銘品名店会のブースが軒を並べます。

また、桜橋の上では、イベントが行われ、多くの観光客で賑わいます。

また、期間中は、日没から21:30頃まで、桜のライトアップが行われます。

まとめ

隅田公園では、スカイツリーと桜を1枚の写真に収めることができます。

あるいは、隅田川の屋形船から、両岸の桜を眺めることもできます。

桜並木をゆったりと過ごすには、最適のスポットです。

スポンサードリンク

 - 観光