閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

上野恩賜公園の桜の見ごろは?見どころは?イベントは?

   

美術館や博物館、動物園と見どころが満載の上野恩賜公園は、桜を中心に作られた公園です。

花見の名所、上野恩賜公園の桜の情報をまとめてみましょう。

スポンサードリンク

上野恩賜公園の桜の見ごろは?

上野恩賜公園は、総面積53万8000平方mの規模を誇る大公園で、都内でも有数の花見の名所です。

公園の始まりは、天海僧正が江戸城鎮護を祈願して寛永寺を創建した当時に、上野の山内随所に桜を植えたことと言われています。

その当時は、寛永寺社殿と霊廟、東照宮、それに境内の桜を中心にした公園でした。

博物館や動物園、美術館などがつくられたのは、のちのことです。

上野の山が桜の名所となったのは、寛永年間(1624~44)にさかのぼります。

桜の例年の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

上野恩賜公園の桜の見どころは?

上野の山は、江戸時代から桜の名所として知られています。

上野恩賜公園の桜は、天海僧正が吉野山から移植させたものといわれています。

約1200本の桜が、公園中通りを中心に植えられています。

主な桜の種類は、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、カンヒザクラなどです。

袴腰交番横や中央園路清水観音堂下などのダイカンザクラは、2月から咲き始めます。

スポンサードリンク
http://ueno.sakuramori.jp/kaika

http://ueno.sakuramori.jp/kaika

続いて、竹の台噴水横や不忍池弁天堂横のカンヒザクラ、時忘れ時の塔前にはオカメザクラが続きます。

上野恩賜公園の桜のイベントは?

桜の開花期間中には、第67回うえの桜まつりが予定されています。

開催期間は、平成28年3月19日(土)~4月10日(日)です。

また、うえの桜フェスタ2016が、噴水前広場で行われます。

開催期間は、4月1日(金)~4月3日(日)の10時~19時です。

さらに、桜開花宣言の日から、175時~20時にかけて、ボンボリ約1000個が点灯されます。

本来は防犯の役割を果たしているものですが、合わせて夜桜の雰囲気をかもし出します。

桜自体のライトアップも、3月中旬~4月中旬にかけて、17時30分~20時に予定されています。

まとめ

上野恩賜公園は、花見の名所としての歴史は江戸時代からです。

桜の他にも、美術館や博物館、動物園などもあり、子供から大人まで楽しめる貴重な花見スポットです。

スポンサードリンク

 - 観光