閑話休題

季節のあの話題をチェック!

*

浜離宮の菜の花の見ごろは?見どころは?イベントは?

   

春を知らせるお花といえば、菜の花です。

東京都内で、広大なスケールで菜の花を見られる場所があります。

それは、浜離宮恩賜庭園の菜の花畑です。

スポンサードリンク

浜離宮の菜の花の見ごろは?

浜離宮恩賜庭園は、潮入の池と2つの鴨場をもつ、江戸時代の代表的な大名庭園です。

こちらの菜の花は、例年、例年2月下旬から4月にかけて咲きます。

見ごろは、他の花との競演もあり、長い期間楽しむことができます。

2月の下旬から梅の花、桜の花、牡丹の花との競演が順番に見られるのも、浜離宮の特徴です。

浜離宮の菜の花の見どころは?

浜離宮恩賜庭園の菜の花は、なんといってもそのスケールに圧倒されます。

その数、なんと30万本という圧倒的な数です。

01fa3e22631a0e1a12c2c352f71184f9_s

スポンサードリンク

まさに黄色い絨毯の中を歩いて楽しめる、庭園です。

周りには、汐留の高層ビルが立ち並んでいて、ビル群とのコントラストも、見どころです。

浜離宮の菜の花のイベントは?

浜離宮恩賜庭園では、春の開園時間延長として、平成28年3月26日(土)から5月8日(日)まで、開園時間が9時~18時となります。

開園時間が通常より1時間延長となりますが、これは、桜の季節に、夕暮れの桜を見てもらおうという趣向のようです。

なお、中の御門口は、17時に閉門しますので、ご注意ください。

まとめ

東京都心の真ん中にありながら、これだけのスケールでお花を楽しむことができる空間は、浜離宮ならではです。

春の訪れを感じる、菜の花は、咲いている期間も長く、菜の花畑に沿っての散策がおすすめです。

スポンサードリンク

 - 観光